散る桜もまたさくら

chirumegu.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 13日

さびしいとき

あのお方もこのお方もどのお方も

この地震で家や家族、大切な生きる糧、
大切な愛しい人、なんやらかんやら
失ったものは未知数に等しい。
身体が傷ついた人もいれば
身体は大丈夫でも、心がいっぱい痛くなって
d0112251_19193934.jpg

この痛みやら怒りやらをどこにぶつけてええのか分からんし

今日も、近所のれいこさんがうちに来てくれた。
「ちるさん、私、何かしたいのよ。そうせんと、気分が滅入って病気になりそうよ
夜も寝られないの。一緒に何かしない?」
というお誘いを受けた。

何かを・・・
と、言われてもな。
募金の運動を一緒にするぐらいかのぅ。
それぐらいしか思いつかんし、できんのぅ。。

でぶは相変わらず、仕事から帰ったら
テレビにくぎ付けじゃし。。
何か、もやもやするゎぃ。。
d0112251_19211227.jpg

そんな気持ちで、見たぶに。。

おんさいさんが載せとった
金子みすゞさんの詩
読ませて貰うて、泣けたと同時に
気持ちが落ち着いた


さびしいとき

私がさびしいときに、
よその人は知らないの。

私がさびしいときに、
お友だちは笑うの。

私がさびしいときに、
お母さんはやさしいの。

私がさびしいときに、
仏さまはさびしいの。

d0112251_19215998.jpg

[PR]

by chirumegu | 2011-03-13 19:23 | 生きとるね


<< みてみてぇ~^^      筋肉ばばぁ隊 >>