散る桜もまたさくら

chirumegu.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 01日

入院談 ~ぶーびー章

病院の集中治療室・ICUは、大方ナースステーションの隣にあるが、
わしが入院していたみつぎ総合病院の集中治療室・ICUは、
ナースステーションを広くとりその中にあった。
そこは空いていただろうという空間に
10台ほど点在させられたベッドはすべてカーテンで仕切られており、
わしは、その一番奥に投げ込まれるようにして寝かせられた。

以前の記事にも書いた通り、そこで10日間過ごしたわけだが、
その間中まるで
救命病棟24時とか言うドラマのキャストの一員になったよな気になっていた
アリエンガ( ̄▽ ̄)
d0112251_20241434.jpg

救急車で運ばれMRIを撮り、その直後に
看護師さんが、
手早く血圧や熱を測り、
わしが来ていたパジャマを手際よく脱がせ
それから院内着に着替えさせ
ハルンバッグをつけてくれた。
その後、なんやらかんやらしてくれたが、
覚えてねぇゎ(;一_一)
覚えとるのは、
わしの目をこじ開けその目に向かって
ペンライトを照らしゆっくりと左右に振り
瞳孔が正常かどうかを調べてくれたということぐらいかの。

「ごめんなさいね、ちるめぐさん。眩しいけど、我慢してぇね」
優しく言いながら覗くその人の目は
じぃっと真剣に見開いてとても美しかった。
頭が、くそ痛かったわしには、まるで天女が降りてきたのかと思えて
この時ばかりは、心地ええ気がした。
名前はよう覚えんかったが、
このべっぴんがいっちゃん最初に会うた看護師さんであった。
d0112251_20245625.jpg

皆さんもご存じであろうが、ICUでは
面会も家族のみで、一人ずつで5分間のみ。
しかもICUに入る専用の胴着とキャップとスリッパをつけて
おまけに手や身体、足に至るまで
アルコールで消毒して入らなければならない。
その胴着とキャップは淡い水色しとった・・・


これを、、、


つけてKやらでぶがつけて入ってきたら・・・


特にキャップ・・・(● ´艸`)ププッ



他の人らがおるし
笑うたらいけんけ、堪えるのにわしゃ苦労したゎぃや
_( ̄▼ ̄)ノ彡☆ばんばん!

あ、いや全然関係なかった<(_ _)>

ICUでは、ぼれぇよぉけの看護師さんがおった。
頭がぼぉーとしとって
何人か数え切れんかったんじゃが、
そのよぉけの看護師さんらが、
座ってぺちゃっとるところを見たことがなかった。
何か知らんが、いっつも動き回っとった。
てかいっつも走りまわっとった。
昼間はもちろん、夜中じゃろぅが四六時中。
ICUの中の患者さんの見回りが終わったら
一般病室の患者さん。
やっと見回りが終わった思うたら
ナースコール。。
で、それで終わりか思うたら
それぞれの患者さんの点滴をやりかえる作業。。

へぇで、日替わり定食みたげに救急患者がやってきて
また、わしみたげにICUに放り込まれる。

こげなけん、看護師さんが足りんのんじゃのぅ。。
分かり切ったことじゃったが、
同じ部屋でその実情をまざまざと見せつけられたよぅな。


コンチもコンチも救急車で運ばれてくる患者さんは
わしとあと2人の同年代のおばさん2人と小学5年生のHかちゃんの
計4人以外は、
何故か75歳以上の後期高齢者のおじぃさんばっかじゃった。
じゃけん、看護師さんらは、必然的に努めて声がでかい。
耳が遠いけんのぅ、、おじいさんら…^m^
何でか知らんけど、おばぁさんよりおじぃさんの方が
圧倒的に多かった。

おじぃさんは、どの人もこの人もさみしがり屋じゃった。

特に夜中は奥さんも帰っていかれるので、たいがい
おらびよる。
「おらぶ」…分かりるぅ^m^
広島弁で「叫ぶ」言うことなんよ。。

おじぃさんは、一人だけじゃのぅて、
仰山おるけん、看護師さんも座る暇もねぇゎね。
でも、どの患者さんにも平等に接してあげよった。
ICUから出て5日以上が過ぎて退院の声が聞こえ始めたごろ
5年生のHかちゃんが退院して代わりに82歳のおばあさんが入ってきた。
このおばあさんは腎臓が悪く入院して1日おきに透析を受けておられた。
透析を受けたその晩は、一晩中唸っておられた。

その日も透析があり、おばあさんは、朝ご飯も抜き、
昼ごはんは透析がずれ込んで遅ぅなって、食べられんかったし、
晩ごはんは透析後の名残りでぼれぇしんどうて就寝前頃になって
ようよう食べる気になったらしぃ。
で、おばあさん、
「食べにゃいけまぁのぅ、、しんでぇが、食べてみるゎ」と、
頑張って食べ始めた。
若ぅてシャキシャキの看護師のオオマエさんが、
「ほんじゃ、私は、他の患者さんのところに行っとるけ、
何かあったらこれを押してぇね」
他の病室から呼ばれてオオマエさんは、
そう言いながらナースコールをおばあさんに渡し
はるか向こうの病室までかけって行った。

し~んと音のする中
カーテン越しに聞こえてくるおばぁさんの食べる音。
かちゃかちゃ
ずぅーこ ずぅーこ
スプーンと食器がすれ合う音やらすする音。

そのうち色んな音が聞こえてきだした。
「ふむ」「ふむ」「ふむ」「うん」「ふんが」
・・・「んぐっ」「むっ」
何か変=( =`д´= ;)⇒

わしもベッドから起き上がりカーテンをはぐり
「どしたん、おばあさん!!もう食べれんのじゃねぇん?」
声をかけたが、おばぁさん、それでもまだひたすらスプーンで口に運んどる。

急いで廊下に出てみるとさっきのオオマエさんが
他の病室に向かって走りよった。
「オオマエさん!!おばあさん、何か変なよ」
すぐにオオマエさんは、来てくれ、おばあさんを看てくれた。

「おばあさん!どしたん、もうこんとに食べたん?」
オオマエさんは、器の中の料理があまりにも早く減っているのに驚く。
「ちょっと口の中見せてみ!」
「うゎっ!!!!どしたんね!中が見れんぐらい詰め込んでからにっ!!」

おばあさん、
もう就寝の時間じゃし、
迷惑かけたらいけんし、
今日は朝から何も食べてないし、
元気つけよ
と、そう色々思うたらしい。
で、いっぱい、いっぱい、いっぱい
早ぅ、早ぅ、早ぅ
と、一生懸命食べようと詰め込んだんじゃろぅのぅ。。

オオマエさんのおばあさんの口への検問はひたすら続く
「うゎっ!!ちょっと春菊のおひたしが噛めてないじゃん
うゎっ!!しいたけも、たけのこもじゃんっ!!
こんとによぅけこの口に入ったねぇっ!」

オオマエさん手羽・・・リアル(;一_一)

「もぅぅっ!!・・・いけんっ!」
「おばあさん、これじゃ、透析をがんばってしても、こんとな食べ方しよったら
意味ないじゃん!!何のために透析するん。
少しずつゆっくり噛んで食べにゃ、死んでしまうよっ!
うちゃぁ、どぅしたらええんね、
おばあさんが、死んだらどうしたらええんねっ!(ノ`A´)ノ ⌒┫」
「あったまきた!ごめん、おばあさん、今から厨房に言うけんね、
美味しぅないけど、ミキサーにかけてどろどろのご飯にしてもらうけ。」
「ちるさん、ありがとう、おばあさん、死にかけよったんよ、ほんまにありがとう!」
そう言いながらおばあさんの食べこぼしや、出したものをきれいに片づけて、
今度はナースステーションに走っていった。

オオマエさん、本気でおばあさんのこと怒りよった。
おばあさんのいのちに本気で向き合ぅとった。
わしゃ、隣のカーテンのベッドで売る売るきた(-公-、)
オオマエさんみたげに生きたいと思うた。

オオマエさんだけじゃなしに、
みつぎ病院の第2病棟の看護師さんは、皆本気じゃったです。

すみません、コメント欄…
また閉じさせていただきます。
でも、今回が最後です。次回は、
開けられると思いますので、よろしくお願いいたします<(_ _)>

d0112251_20255432.jpg

[PR]

by chirumegu | 2012-05-01 20:29 | 生きとるね


<< 入院談 ~最終章      入院談 >>