2012年 05月 26日

入院談 ~番外編

「最終章」じゃことの言うて
これでもう終わりじゃの・・・

と思わせといて、番外編を書いて
フェイントかけてみる( ̄▽ ̄)

てか、
ぶーびー章を書いた後、
しまづた!!
これを書かにゃいけんかったんじゃっ!=( =`д´= ;)⇒
と、わしの計画性の無さにあきれ果て
後悔の渦に溺れ、
しょうかたなしに、「番外編」と題して書いておるしだいで
すみません、わやくそで…(^^ゞ


で、
最後に同室じゃった透析をして苦しげにしよって
食事を喉につまらせ死にそうになったおばぁさんの名前、

やっと思い出した。
82歳のミヤチさんじゃった。

このミヤチさん、
若い頃は産婆さんをしておられ、家が診療所じゃったという。
夜昼なく産気づいた若いお母さんらを診て
何人のやや子を取り上げたか分からんぐらい
忙しぅしとったと。

自らに於いても3人の子を持ち
育てて一人前にしてゆかねばならない。
しにものぐるいで働いた。

それが今では病気になり自分が病院の世話になり
家に帰れば50歳代の娘と二人暮らしで、

「いっつも娘に怒らればぁしよる。」
と、こう仰る。
「自身の娘じゃけね、ひでぇことも言うじゃろぅよ。
じゃが、おばぁさん、家に帰りたかろ?
そうは言うても、本音は待ちよってよね、娘さん。」
と、言うと
「待ちよりゃせんゎ。うちゃぁ、家に帰ってもやっかいもんじゃけ、
ここにおってもやっかいもん、帰ってもやっかいもん。。
ほんま、ええこたぁないよね」
つっぱねられ、
きれいごとは通じんかった(-公-、)

そげに仰る若い頃働き者だったミヤチさんのベッドの頭の上の壁には
ディサービスで撮ったおばぁさんの
誕生日のお祝いの時の満面に笑うた
楽しげな写真が
デカデカと飾られておった。
それとは対照的に違い
ベッドに横たわる病の苦しみに顔を歪めるミヤチさんは、
使い切って捨てられる寸前のぼろきれのように見えた。

ほんま、きれいごとではない。
わしの行く末を見とるようじゃった。
わしもミヤチさんみたげになるに決まっとるんじゃ
ぜっぴ・・・
どぉしよぉっ、
嫌じゃのぅ…=( =`д´= ;)⇒
d0112251_142903.gif

よくよく思い起こせば
人生の先輩とも言うべき大好きなしげちゃんが昨年の5月に
病に倒れ入院してからというもの
晩秋の霜月にはS子がすぅを連れ帰り仕事と子守りの日々を送り
そのS子が正月挙句には出産。
いのちの誕生を垣間見ると同時に
大好きなしげちゃんも旅立ち、
次女R子が転職、
次男Nも就職みたげなことが決まり、
産後のS子の世話やすぅの子守りに明け暮れし
今度はわし自身、病に倒れ入院、そして退院。

へぇでからに
わしもてべてべとではあるが仕事に追われ(←意味不明じゃが)
それでも目まぐるしく時は流れ、
息子Kとかなちゃんの結婚。。。
それと並行するように
瀬戸の海を越えたところの愛しいお方が
今まさに死の淵に立たされ
今まさに散ろうとしとる。
更にドラマは続行ちぅ。

人が生まれ、成長して恋をし、仕事を得、結婚、老いを生き、病を得
そして、死・・・
その過程をすべて凝縮した人生の縮図みたげな
この一年間であったよぅな。。

病はわしの経験でもあったが、
人は生まれ、そのいただいたいのちを生き
人生の終結に至るまでの過程を
この境涯は、
幾度となく繰り返してきたであろうか。
廻る廻る。。
d0112251_14303146.jpg

それは、他人事ではない
まさに、このわしの一大事じゃったんやんけ!
老いはまさに今わしの只中にあったんやんけ!
これは分かり切った決まり事であるが、
ともすれば忘れがちになり
てか、
おざなり
てか
わざと…そらし目を向けようとせず
いっちゃん大切なことなのに。


しげちゃんやら、わしん家の子供らやら孫やら
死の淵に立っとるわしの愛しい人やら
入院中のツチハシ翁やらミヤチさんやら
他のおじぃさんおばぁさんに触れさせて貰ぅて


このわが身のいのちが
どこからやってきて
どこに居って
どこに向かって居るのか
一連のお方らが身体ごめぜんぶで
教えてくれたような気がして
で、ちぃとばぁ、安心できた



・・・よぅな




・・・気がする




・・・だけじゃけど




ちゃんちゃんっ♪^m^


老いてやっかいもんになるのが嫌じゃ思いよったが、
しょーがねぇのぅ、
ちっくし老いてやるかぁっ♪
どげに老いてやろぅかのぅ…♪
と、諦めることができた。
暗げに
若さに執着しとったのに・・・
すこぶる明るぅに
老いを受け入れられるようになった
今回の入院で・・・
てか、
1年前からの、
わしに関わってくださったみんなのおかげで、
ありがとう^^

ほうよね、ほうじゃったんよね
「散る桜もまたさくら」じゃったんじゃ。
歯向かわず
力まず
老いのいのちを
歩んで行きゃぁ
ええんじゃゎぃや^^v
散る桜のように。
d0112251_14432895.jpg

じゃけん、
手始めに・・・
もう、、
頭の毛は染めんけんの
今より後は
白髪のわしを生きて行きます。

以前のわしを知っておるお方々で、
今度いつかわしとお会いするお方々・・・

びっくりしんさいよぉ~~っ( ̄-  ̄ )


d0112251_14475472.jpg



これで、入院談は、本当に終わりにします。
如何にいうても
入院談は、
もうええ。
飽きたわぃや( ̄-  ̄ )


長々と、
すみませんでした
そして、
お付き合いくださり
ありがとうございました<(_ _)>
[PR]

by chirumegu | 2012-05-26 14:48 | 生きとるね | Comments(18)
Commented by west-msks at 2012-05-27 17:10
ちるめぐさんの言ってることが一番わかるのは私でしょう。。
私も入院生活が長くなり沢山のお年寄りを見てきました。。
消灯時に聞こえてくる声?
リハビリ中に泣き出す方。。
本当に小説でも書いちゃおうなんて出来もしないことを思っちゃうくらい。。
療養病棟とは???
ちるめぐさんの記事が本当に身近に思えます。。
はい、はないちごも白髪のままです(笑)
Commented by juju-19451006 at 2012-05-28 00:08
3年前のある施設での研修中のこと。
入所されて居る高齢のご婦人の方が、研修初日の私にそっと話しかけてきたんです。
自分のベッドを指さして「ここが私の最後のすみか」と言われたんです。
何と答えていいものやら、只々話を聞いてるだけの
情けない自分でした。
戻る所がないのか?あっても帰れないのか?
事の真相はわからずじまいだったが...。
きっとあの窓際のベッドで、いつかあの方はと思うと何だかいたたまれなかった。
研修中、その方が外を見る窓のサッシが開けた形跡がないのか埃でいっぱいだったのを目にしていた。
もうここには来ないし、今この瞬間私があの方にしてあげられることは...。
そう思うと即研修の列から離れ溜まっていた埃を拭きに戻った。
今その方はどうされたのか不明ですが、考えさせられる場面のひとつでした。
私も慌ただしく日々を追いかけて生活している現実。
確実に向かっているところは一つですが、その過程をどのように辿って行くのか知りたくもあります。
せめてここからは、自分の生き方の流れに逆らわず、あるがままの自分で生きれたらと心に決めている私です。
Commented by Sora at 2012-05-29 10:22 x
私もいつ染めるのをやめるか思案しているんよ。
真っ白だからツートンヘッドになっちゃうし^^;

ベットにいるからこそ感じる事、わかる事ってあるんでしょうね。
わたしも自分の未来を考えると「ボロ」そのものかも(笑)
考えてもどうにもならないし、最近は直前まで考えない事にしました。
同じ時間を過ごすなら自分で楽しくするしかないのかもしれませんね。
不平を言っても1分。わらっても1分さ^^v
Commented by chirumegu at 2012-05-31 13:41
はないちごちゃん
うゎっ!!
めちゃレスが遅れとるやんけっ=( =`д´= ;)⇒
ごめんっ<(_ _)>
ちょっち取り込んどって、、

はないちごちゃんも、、
ほうよね、
病院いうて、お年寄りばっかよねぇ(-公-、)

でも、若さでは貰えん
お年寄りぱわーを貰うたよな気になったよ^^v

何か、明るいんよねぇ。。
じゃけ、白髪でも気にならんよぅになったんよね^m^
イシシッ!!
はないちごちゃんとおそろじゃゎぃや
(´.ω.`) 人(´.ω.`)ナカーマ
なんちて^m^
Commented by chirumegu at 2012-05-31 13:47
みっじゅさん
そういうことを目の当たりにしたら
何か、いたたまれんよね(-公-、)

でも、↑  ↑ でも書いたけど、
お年寄りの方々は、
わしらが思うよりも
もっと明るく受け止めておられるよな
そんな気がしてならんのよ。。
  ↑  ↑ でも、そらちゃんが書いとるよぅに
不平を言うても笑うても1分じゃね^^
以前書いた「しげちゃん」が言うたよぅに
「好きなことを精一杯やらせて貰うて仕合わせじゃった」
と、最後に思えるような生き方をしていくしか
わしらにはできんよね。
ほんま、あるがままの自分を生きるしかねぇよね。。
みっじゅさん、ありがっちょ^^v
Commented by chirumegu at 2012-05-31 13:54
そらちゃん
わしは、もう決めちょるけん
そら自身の気の持ちようじゃ。
行け行けgogo!!
白髪でgogo!!
わしは、6月はツートンgogo!!じゃ^m^

で、
二人で行こうで、
老人ホーム、しかも、K山の…。

で、どぉするぅ?
でぶとじじさん…
あ、いや、違うか(^^ゞ
Commented at 2012-06-07 21:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chirumegu at 2012-06-08 10:31
鍵コメ2012-06-07 21:51 さん
わぁ~っ!!
どっちも素敵な名前じゃね^^
で、1文字の桜もええな❤
色々考えて・・・
名前言うて、
それぞれおいわれがあって
深いよね^^

で、次の記事・・・
全く考えてねぇゎ(-公-、)
いつのことやらじゃけど
よろしくお願いしまずm(__)m
Commented at 2012-06-09 18:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chirumegu at 2012-06-10 17:49
鍵コメ2012-06-09 18:08 さん
げっ!か、鍵さんもですか?
お、おそろじゃ=( =`д´= ;)⇒
昨日が・・・そうじゃったんですかぁ
そら、お当分じゃったですね。。

ほうよ、ほうよね、鍵さん^^
鍵さんは、その意気で行かにゃ、いけんじゃろぅ。。
全然ワイルドじゃねぇですじぇ^m^

読み逃げ上等!!( ̄-  ̄ )
わしもやっとりまんがな( ̄-  ̄ )
Commented at 2012-06-13 21:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chirumegu at 2012-06-14 20:07
鍵コメ2012-06-13 21:11 さん
御意ぃぃ~~~っ<(_ _)>
が、すかす、
この米は、削除いたしかねます。
それは、聞き入れられませんので
悪しからず( ̄-  ̄ )( ̄-  ̄ )( ̄-  ̄ )フンッ
Commented by ブログ同志 at 2012-07-11 18:39 x
ブログの更新を心待ちにしております。
Commented by chirumegu at 2012-07-12 06:52
ブログ同志さん
記事の更新…
そ、それが・・・
なぁっかなかなんすよ(泣)
でも、温かい応援米
ありがとうございます<(_ _)>

で、
「ブログ同志」さんいうて、
もすかすて、
横浜のお方ですか?


今後とも
よろしぅお願いいたしまず<(_ _)>
Commented by ブログ同志 at 2012-07-13 23:18 x
すいません、スッゴク近所です。
Commented by ちる子 at 2012-07-14 16:06 x
ブログ同志さん
あ、かの…K田小学校のお隣のお方でつか?
すつれいすますた(^^ゞ
わしゃ、てっきり遠方のお方かと。。
こりゃうっかりじゃ。。
なんかね、色々あって気が抜けてからに、
なんもやる気がおこらんのよね(-公-、)

でも、そのうち
気が向くじゃろぅけ、
書かせていただきまっす(・◇・ゞ

なんか、ぼれぇわがままじゃろ、わし…。

す、すいません<(_ _)>
Commented by ブログ同志 at 2012-07-14 21:18 x
お疲れのところ申し訳ありません(^^;
お気使いなく(__)
Commented by chirumegu at 2012-07-14 23:11
ブログ同志さん
あ、いや。
気遣いではなく、
わがままなわしじゃけん、
もしかすたら
気まぐれに更新。。
と、言うことになるかも。。
どす(・◇・ゞ
と、言いながら、1か月先になったりすて(^^ゞ
そん時ゃ、ケリのひとつでもやっちゃっておくんなまし^m^
キック!! ヽ( .∀.)ノ┌┛Σ(ノ ‘Д´)ノゲシッ

なんちて。。

あれやこれや
ばかなげに言うてすいま千円(^^ゞ


<< 中部羅臨      入院談 ~最終章 >>