2007年 04月 04日

散る桜も またさくら

今日は、朝から 雪が降ったりやんだり・・・その降りようといったら はんぱじゃ ありませんでした。 桜が咲いている というのに 雪なんて・・・と 雪は人々を 驚かせていました。

京都に行く前 のことですが 春をかんじるために 山の中や 庭を 歩いていると 色んなものが見えてきました。

梅の花 かぁわいい~ いいかおり・・・ 椿の花・重いのに がんばってるねぇ~・・・桃・桜のつぼみ まだまだねぇ~  
・・・と ふと 梅の花が散り始めていました。 
散った後の 花の根元を じっとよく見てみると  がくの中に たくさんの おしべとめしべが 残っています。 実をならせるための 準備でしょうか。
椿はどうでしょう。近寄ってみると やっぱり がくの中に めしべが 一本 淋しそうに 残っています。

d0112251_1649029.jpg

d0112251_16493438.jpg

花が散っても そこで 終わりじゃない。
「実」という 次のいのちが そこには 芽ばえていたんですね。もっといえば 花が咲く前の つぼみの時から 「実」がなる準備は 整っている っていえるんじゃ ないでしょうか。

d0112251_16503477.jpg


子どもが 小さい頃 ポンキッキ という番組がありました。
その中で ガチャピン が寒い冬 になりかけの頃 街を散歩 していると 街路樹から 葉っぱが 一枚 はらり・・・
ガチャピン は葉っぱを拾って 葉が落ちてきた 枝を見上げました。 
カメラはズームで 葉っぱが 生えていた枝の根元を 写しだします。
そこには もう 既に 春に出てくる 新芽の 頭が少しだけ のぞいて いました。
次のいのちのめばえ です。

「サクラ サク」・・・ひと昔前の 大学の 合格通知は この 言葉で きていたそうです。
不合格は 「サクラ チル」 でした。 花が散るのは 悪いこと・・・?
きれいに 咲いている 花も ステキだけど 桜が散っていくのも 私は好きです♥
次のいのちの めばえ をさせているから・・・

料理研究家の 小林 カツ代さんは「春キャベツの芯を 水に差しておくだけで 新芽が出て 花まで 咲きます。命は エンドレスに つながります」 とおっしゃっていたそうですが 人間も 同じことじゃないかナ

受験に合格した・不合格だった。結婚しました、離婚しました。会社に入りました、リストラにあった、倒産した。事業が成功した、失敗した。失恋した。病気になった・・・いろんな うまくいくこと うまくいかないことが あります。

いろんな咲いた花があって いろんな 散ってゆく花があります。

何かに 成功した私 って 失敗した私は 味わえません。
失敗した私も そこには 違う私が 生まれています。 
もう、後戻りは できません。 今度は どんな 私に なれるんだろう・・・と期待さえしてしまいます。
「散る桜も またさくら」 変なタイトルですが 
私は 散っていく花、失敗した私 にこだわらず そこからの私を 見つめていきたくて
こんな タイトルに しました。

d0112251_16545827.jpg

[PR]

by chirumegu | 2007-04-04 16:09 | Comments(11)
Commented by artist_japan at 2007-04-04 20:32
素敵なタイトルですよ・・・・ 今日東京では雪が降りました。 私は千葉にすんでいるんですが こちらは暖かいんでしょうね・・・・花が散っても終わりじゃない・・・いい言葉ですね。 私もいつまでも散らないでどんどん新しい自分を作り上げていきます!!☆ momo
Commented by chirumegu at 2007-04-04 21:17
momoさん!若いねぇ~!
がんばって 散らずに 芽ばえてください。(^.^)/~~~

わしは、散りながら そのままの わしを 見つめていきますね
(^_-)-☆
Commented by enriko58 at 2007-04-04 22:42 x
来たよん^^
素敵なブログだね。chirumeguちゃんのそのまんまがブログに反映してると思うよ。。


私は花の中では桜が一番好きです。
まだかたい蕾の時は、いつほころんでくるかとワクワクさせるし、
咲き始めの頃は、まだ寒さが残る中で健気だなあ・・って思うし、
7部咲きくらいになると、いつお花見しようか・・でもそれまで持ってくれたら・・って、ちょびっとハラハラもさせて。。
そして満開の桜の姿は鳥肌立つほど感動的。

でも、一番好きなのは、散り桜。桜にとって、最も美しい瞬間なんじゃないかなあって思います。
それも、次の世代を残す為に散っていく姿がまた、儚くて。。

短い間にパッと咲いて、パッと散る。
その刹那的な美しさが、とても日本的だと思います。


桜と花火を見たら、日本人でえがったな~~って思うよ。^^

またくるべ^^


Commented by anzumadamu at 2007-04-06 19:45
ブログのタイトルにはこんな由来があったのですね。
文章を読んでいて納得しちゃいました。
どんな状況にあっても「自分」は自分。
前向きなchirumeguさんに勇気づけられました♪(^^)
Commented by kisaragi87 at 2007-04-06 21:11
chirumeguさん、私も遊びにうかがいました^^
散る桜もまたさくら。。
すてきなタイトルです、chirumeguさんの優しい気持ちがこもっている。
散るようで、命は芽生えているのですよね
私もはらはらと散る桜が大好きです。
このあいだ樹齢400年の桜を見てきました、延々と命をつなぎながら
色々なことを見てきたのでしょうね。
自然ってすごいな~と思います、見習わないとなぁ^^
Commented by shanti_ny at 2007-04-07 14:19
はじめまして♪ 書き込みありがとうございます。早速遊びに来ちゃいました。
仙台の桜はこれからです。学生時代の4月スタートのおかげで、大人になっても4月は何か新しいことを始めたくなるワクワク感があります♪
Commented by chirumegu at 2007-04-07 15:56
enriko58 さん 訪問 コメント ありがとうございます。
いつか 言ってたよね。
さくら吹雪を 一度見てみたい って・・・

ほんと 幻想的 だよね。 さくらって
うっとり みとれちゃう
Commented by chirumegu at 2007-04-07 16:05
ヨーコさん 
生きていると 色んなことが ありますよね。
そして、ついそれにとらわれて なんにも 見えなくなって
苦しくなります。

でも、そんな自分を 見つめていると 逆に 「ま、いっかぁ」
と その苦しみを 乗り越えていくことが できてしまいます。
お互い 楽に 生きてゆきましょう!

 
Commented by chirumegu at 2007-04-07 16:11
kisaragiさんなら 分かってくださると 思いました。 生きることに ちゃんと 向き合っていらっしゃる・・・

樹齢400ねんのさくら 私も 是非見てみたいです。
自然から 教えられること いっぱいあって 
ぼ~っと 眺めてるの 私も好きです。
Commented by chirumegu at 2007-04-07 16:15
shantiさん 
新しい芽ばえのスタートですね。 
わくわくしながら さくらと いっしょに がんばってください

今が、一番 若いんですもんね。♥
Commented by 按摩さん at 2007-12-27 11:49 x
ほ~い^^


<< つくしの佃煮で お酒も うまいぜっ!      みぞれ酒飲んで ん~っ 仕合わ... >>