カテゴリ:ありがとう( 42 )


2015年 05月 06日

はぴおめ

昨日のこどもの日・5月5日は、
S子の誕生日じゃった。
朝は覚えとったのに、
昼ごはんが終わるごろにゃ
すっかり忘れて
「おめ」も言わなんだ(;´д` )トホホ

なのに・・・

こげな母親のわしなのに・・・(-公-、)
S子手羽・・・
夕方ごろメールをよこしよった(-公-、)


「32回目の誕生日を迎えました。
 
 今まではおめでとうと言われてきたけど、
 何か今回は母さんに「ありがとう」と、
 言いたい。

 子どもを育てるって大変。
 四人も立派に?育ててきた母さんは
 ほんとにすごいね。
 
 今はまた違う大変さがあるけど、
 あまり愚痴っぽくならず、笑って
 いて下さい。それが元気の源じゃないかな。

 R子は乳が辛そうだけど、どう?
 産後、母さんが毎日作ってくれた
 具沢山の汁物が私はすごい嬉しかった。
 R子にも、ゆっくりさせてあげてね~❤」

言わりゃぁせんが、
ふ、不覚にも・・・・
ご、号泣してしもうた(TДT)(TДT)(TДT)
(言うとるけんど)

次女のR子が、4月の中ごろ出産し、
今、産後をここで過ごしているのだが、
やや子が乳に吸い付くのが下手で
授乳に苦労をしている。
それに対しての労いの言葉も忘れずよこしてくれとる。

S、

ほんまじゃ、
子どもを太めるなぁ、並大抵のことではないの。
笑うたり、怒ったり、泣いたり
ほっまに忙しかったが、
ほっまに楽しかったゎ。

じゃが、わしゃ、あんたらを育てたんじゃのぅて、
いっしょに大きぅなったんで。
いっしょに育ち合うたんで。
わが子に教えてもらうこたぁよぉけあったゎ^^

S、
ありがとの、メールくれて(-公-、)
へぇで、
こげなわしでも
「母さん」いうて呼んでくれて
ありがとの<(_ _)><(_ _)>
ぼれぇ、嬉しかったで。


なぁ
もぉ
あぁ
みぃ
だぁ
ぶぅ
つぅ・・・・(ー人ー)

[PR]

by chirumegu | 2015-05-06 16:39 | ありがとう | Comments(12)
2014年 05月 12日

最近・・・涙が出るほど感激した言葉

(と、言うてもずいぶん前になるが)

R子が、2月の初めに嫁に行く前
せいじ先生が、お祝いに駆けつけてくれた。

せいじ先生とは、
講中ではないが
ちる家の斜めお向かいぐらいのご近所さんで、
定年前は小学校の校長先生であった。

体育会系の先生で、子どもらにも容赦なく怒りとばしてくれとったが、
それでも子どもらはすこぶる好いとったゎ。

定年後は、K山町史の作成に携わったり、
なんちゃらを保護する会の委員やら、
何かと行政に役を仰せつかったり、
地域の世話役で、2ブロックに於いても頼りになるご意見番じゃ。

わしも、サロンのボランティアやらも一緒にさせてもろぅたり、
家の仕事のお手伝いやらしてもろぅたり、随分と世話になっとる。

長男Kの婚礼には「どうしても」と繰り合わせ出てもろうたが、
R子のぶにには、遠方まで行ってもらうのは心苦しい、、
ということで、地域では他の男子の方に代表で出席していただいた・・・

と、いういきさつがある。


なのに・・・


「Rちゃん、おめでとぅ。
あんたぁ、これぐらいのこまい頃からみきちゃんと
いっつもつるんで遊びよったよのぅ、

もぅ嫁に行くがぃになったかぃのぅ。。
時が経つなぁ早いもんじゃ。

ほぃじゃが、見たかったよのぅ、
あんたの花嫁姿。。。(-公-、)

じゃが、Rちゃん、今は幸せいっぱいじゃろぅが、
これからどがなことが起こるやも知れんで。
ここへはもう帰ってくんなよっ。里帰りなら許せるが。
何があっても乗り越えて行けよ。

嫁に行ったら、ここにゃあんたの居場所はもうないんじゃけの。
『だめじゃったら、いつでも帰ってこい』じゃことの、わしゃぜっぴ言わんけの。
がはははっ_( ̄▼ ̄)ノ彡☆」

と、笑い飛ばしながら言うてくれたせいじ先生。。
d0112251_1143027.jpg

厳しい言葉じゃが、これを聞いた瞬間、
かさかさしとったわしの心が潤うて、とても温ぅなった。
有難とぅて嬉しぅて涙がとまらんようになった。(ノДT)


ぼやぁーーーっとしたR子には、なによりもぴったりのはなむけのお言葉じゃった。
先生、ありがちょ(゜▽゜人)
d0112251_1154887.jpg

[PR]

by chirumegu | 2014-05-12 11:06 | ありがとう | Comments(14)
2013年 08月 12日

これも・・・

百日紅もじゃが、
これも咲いた
d0112251_17374124.jpg

「きつねのかみそり」言うんじゃげな。。

教えてくれたのは、
和木(わき)のおじちゃん♪
結婚前じゃったけ、かれこれ30余年になるのぅ。。

ここから車で25分ほど走った
三原市大和町の「和木」というところのおじちゃんじゃけ、
和木のおじちゃん。

ちる家の親類で
わしの父親の親友じゃった和木のおじちゃんは、
でぶとわしを引き合わせておくんなすったお方じゃ。

それからおじちゃんは、
元気なごろは陶芸をしたり、絵を描いたり
趣味か本業か分からんぐらい
打ち込んでおられた。
わしゃ、いっつも真似したい思いよったが、
到底、足の先ほども及ばなんだ。
研ぎ澄まされた優れた感性のお方じゃった。
誰もがあこがれとったじゃろぅて。


結婚前にでぶと2人で、おじちゃんかたに遊びに行った時
テレビの上にこの「きつねのかみそり」が、
ガラスの一輪挿しに入れてあるのを見た。

「かわぃぃのぅ、どう言うん?(゜▽゜人)」と、
おじちゃんに問うと、
「『きつねのかみそり』よの」と、そっけなく答えてくれた。

それから2~3日して、電話がかかった。
出たら和木のおじちゃんじゃった。

「おい、ちる。今、そGOで、『○○作家展』いうのをやりよるけ、
行ってからに、こないだのガラスの一輪挿しと同じぶにを買うてきてくれ。2個。」
「えぇぇ~~っ!!分からんし、売りよらんかったらどぉするんの?」
「ぜっぴ分からぁや!ぜっぴあるわぃや!!頼むけ、行って来てくれぇや<(_ _)>」

おじちゃんのごり押しに負け、
しぶしぶと、そGOへ行ってみるも・・・




あった!!(゜▽゜人)(゜▽゜人)


あったのと分かったのと2つの嬉しさがこみ上げてきた。

で、次の日すぐにおじちゃんは、ちる実家に来てくれ、その包みを開けるや
眺めまわし、
「えかろぅが・・・
あれから見よったらどぅしても、もう1個欲しぅなって
ちるに無理言うたんよの、ありがとの^^」

ぼれぇ嬉しげに見せてくれ、開けてない方の包みをわしに差し出し、
「これはちるにやるゎ。行ってくれた駄賃じゃ」


げっ!!=( =`д´= ;)⇒
お、おじちゃん・・・手羽
ふ、太っ腹!!

でも、ちょーーー嬉しかった(゜▽゜人)

あれから30年以上も経つのに
この時期になったら
きつねのかみそりが
この裏山にも、相変わらず咲いてくれる。


最初見つけた時は、彼岸花が咲きよるんかと思うたが、
よぅ見たら・・・


やっぱし、
きつねのかみそりじゃったんじゃ。


ただ咲いとるのを見つけただけのことなのに、
おじちゃんに近づけた気がして
ぼれ嬉しかった❤(゜▽゜人)




でも、おじちゃんは・・・
この五月二十一日・・・旅立っていってしもうた。



降誕会の日に・・・・(ノДT)
意味不明・・・<(_ _)>



今年も咲いたけ、
ガラスの一輪挿しに
入れることができたで、おじちゃん。


d0112251_17393520.jpg


ありがと、おじちゃん<(_ _)>


かのみ国で

お父ちゃんと、逢えとるんじゃろ?




          な ぁ も ぉ あ ぁ み だ ぶ



d0112251_1740147.jpg

[PR]

by chirumegu | 2013-08-12 17:44 | ありがとう | Comments(10)
2013年 05月 06日

三年越再会

先月、
後半に入ったごろのある日、ここらんより
「24日の晩広島まで出て来れん?」と、いうメール入る。
『実家に行ったついでに広島に回ってお嬢のところに行き、そのついでにわしに会う』
という、優れた算段を重ねた計画をわしに提案してきた。


ふむ・・・・


予定帳をくって見てみる

( ̄ ̄ ̄__ ̄ ̄ ̄)ジー

空いとった。


と、言う経緯で決まった凸凹の二人の3年ぶりの再開であった。

『えぇで、行ける』
と、返事をしたものの
はてさて食事はどこでとるか、宿はどこにするか、
待ち合わせの時間、場所は・・・

こげな時、
くるちぃ時のちび頼み!(^人^)!・・・的な^m^イシシッ


ちびめぐに電話して問うてみた。
3~4か所のお薦めの店を言うてもらい、
ここらんに相談し、
あっさりとすぐに決まった。
ついでに宿も。

                        で、ちびお薦めのお店とは・・・
d0112251_15164250.jpg

                         鉄板焼きZAZA
d0112251_15172991.jpg

d0112251_15185664.jpg

d0112251_15221960.jpg

                       どれもこれも頬べたが地につくか思うたぐらい旨かったが、



                       中でもこれは絶品じゃった。
d0112251_1524489.jpg

                   ちびイチオシのハンバーグ


                   口に頬張ったら、肉の汁がじゅゎっと出てきてからに
                   しかも、挽肉がぼれぇ滑らかに練ってあってからに
                   鉄板で焼いた肉の味だけで充分じゃった。
                   ふわとろのオムレツに着けて食べたが特製のデミグラスソースも旨かった。



凸凹の二人にゃもったいないぐらいのうまい店じゃった。
おかげで3年ぶりの再会に花を添えることができたゎ。
ありがとの、ちび^^v

で、再会は3年ぶりじゃったが、広島のあの「流川」は、
『30年以上ぶりじゃ』
と言うここらん。
このあと、ちぃとばぁ流川を歩いてみた。

d0112251_15245817.jpg



で、学生時代に5人の仲間と歌うた曲が懐かしぅて・・・

とうとう・・・


入って歌うてしもうた。。
カラオケで・・・(-公-、)プライドステテ

ゆ~みんとかアリスとか中島みゆきとかよぉ~(-公-、)

でも、楽しかったゎ。。

今度は、新しい仲間と行きたいもんじゃ焼き。。
のぅや、、

ここらん

よがんすと。。^^v
[PR]

by chirumegu | 2013-05-06 15:29 | ありがとう | Comments(17)
2013年 03月 18日

この世羅が好きじゃけぇ

使いよった時計
電池が無いなって
ずいぶんと、
「放置しちょる」
言よったし

記念に買うた腕時計をでぶに渡した。

「どしたんや、こりゃ」
「なんや、こりゃ」
はてなマークをよぉけ頭にのせて問うでぶ。

「今年ゃ、31周年じゃけ、記念に買うたんよね、使いんさいや」

「何の?」
「何が入っとるんや?」

「結婚して今年ゃ31年じゃろがっ( ̄・・ ̄)
何が入っとるんかは、開けて見りゃ分かるわぃっ!」
と、かわいげのないことを言いながら
ブツを渡したわし。
d0112251_20172875.jpg


どぅやら
皆が寝静まった後
一人で開けて見たらしい(;一_一)


30周年の去年は、息子Kの結婚があったり
わしが2回目の脳出血で入院騒動があったり
よしねぇの旅立ちがあったりで
すっかり忘れとったと言うか
わざと忘れとったというか・・・
「はぁ、どぉでもえぇやんけ」
と、わざと思うよぅにしよったと言うか・・・

6年前に倒れて以来
病気になったのも、
病気になってから何もかんもいけんよぅになったのも
全部でぶのせいにしとった感がある。
無きにしも非ずではあるが(笑)

それどころか・・・

「よぅも辛抱してきたもんよ、わしも( ̄-  ̄ )」
「あげなでぶ、わしじゃけ、やってこれたんどぉ( ̄-  ̄ )」
「わしゃ、この世羅が好きじゃけおっちゃるんじゃけの
別にあんたの為じゃねぇけんの( ̄-  ̄ )」
「30周年じゃ言うて、誰が祝うちゃるもんの( ̄-  ̄ )」



みたげに、
でぶ責めモードに入っとった。
「31年間虐げられとった分のしかえしじゃっ(ノ`A´)ノ ⌒┫」
みたげに・・・
ちくりちくりと。
いぢめまわしとった。。
(;一_一)


話しは変わるが、
3月2日
午前中は、
猛吹雪かっ!!=( =`д´= ;)⇒
言うぐらいの大雪が降ってからに
びっくらこいたもんじゃが、
午後からは、お天道さま
気が変わったのか
午前中積もった雪も、とかすぐらい
すっかり晴れてしもうた。

午前中
雪が降りよる時、

33年前の3月2日を思い出しよった。

初めてでぶがわしにK山を見せてくれたのがその日じゃった。


「嫁に来てくれや」
と、でぶに言われ
「K山を見せてくれ
へぇでから、決める( ̄-  ̄ )」
と、いうわしのわがままを聞いてくれたでぶ。。

広島市内からJRに乗って三原で降り、
迎えに来とったでぶの車に乗り、K山まで連れてきて貰うた。
三原から恵下谷を上り久井町を抜けて更に標高は上がり
やっと世羅が見えてきたと思うごろ、、
そこに広がる大田の庄の田んぼの景色。
d0112251_20185618.jpg

d0112251_20191825.jpg

(この写真は2009年の秋小口に撮ったものです)
世羅全部を知っておるわけではないが、
ここがわしの一番好きな処である。

当時は

そこに前日の晩より降り積もり、
見事な雪景色がパノラマを作り出しておった。

わしにとっては、
その雪が完璧な演出じゃった。
(かんどーしたくせに、
その雪の風景をいっこも撮ったことがないという…(;一_一))
わしゃ、冷え症ではあるが、寒がりではない。

その時のわしは
寒さなんぞどーでもえぇ
とにかく


(゜▽゜人)(゜▽゜人)(゜▽゜人)
みたげな・・・


こ、この風景の一部になりたい・・・


と、素直に思うた。



で、それから1年半後にその欲望が叶うたが、
33年経って
あの風景の一部に
あの風景にとけこんでおるかどうかは
わしにゃ分からん。

が、すかす
嫁に来て31年
でぶと一緒に、へぇでからに

世羅の地域の皆さんと一緒に
培ってきた31年である。


じゃけ、
プレゼントとか贈り物とかではなしに


記念のブツなのである。

これから後、
どんだけ生きれるか分からんけんど
二人でぎゃーぎゃー喧嘩しながら
一緒に歩きながら刻んで行こうの、




世羅での二人の時の道を。。


のぅ、
でぶ^^v
[PR]

by chirumegu | 2013-03-18 20:34 | ありがとう | Comments(14)
2013年 01月 07日

今 宜 

今ごろから

のこのこと・・・



ですが





旧年の

御法縁に感謝し

今年も

何卒

宜しく

お願い申し上げます



d0112251_23334647.jpg

[PR]

by chirumegu | 2013-01-07 23:38 | ありがとう
2012年 12月 29日

是も・・・・

いよいよ、
明日は、
餅つき



ばぁちゃんが
わしに
託してくれた
初めての餅つき

去年までは
ばぁちゃん傍で見とってくれたが
今年ぁ違う。。


へぇでからに、
黒豆。


ちる家の女から次の女へと伝えてきてくれた
黒豆。。



去年まで
ばぁちゃんが煮よった。
じゃが
今年ぁ違う
このわしが煮にゃならん。




ばぁちゃんがわしに託してくれたけ。。



明日は・・・・

ぷ、プレッシャーじゃ=( =`д´= ;)⇒





へぇでからに

今年も色々イロイロいろいろ
あったのぅ。。

今年の
始まりから

とうとう最後まで



でぶと


相も変わらず
どたばたどたばたと・・・
ずぅぅっっっっっっと
やっとったよな気がしる(-公-、)




みなさんにも御無沙汰の失礼ばかりで
すみませんでした<(_ _)>
ブログも消え入りそうじゃ(-公-、)




こげなわしですが、
今年もいっぱいお世話になり
本当にありがとうございました<(_ _)>
[PR]

by chirumegu | 2012-12-29 22:37 | ありがとう
2012年 10月 21日

癒しのひと日

こないだ
地域の婦人会・・・
と言うてもおばさんばっかの集合体じゃが
35人団体で、ここから車で1時間半かからんところの
愛媛は大三島というところに行ってきた。

何でも寺のお堂の襖に大きな桜の木の絵が描いてあるげな・・・
その絵は、かの有名な
「中島千波画伯」と言う偉い先生が描きなさったんじゃげな・・・
絵の鑑賞大好きなうちらは、いっぺんこの目で観てみたいもんじゃ焼き。

と、いうことで

おばさんらぁを引き連れて行ってきた。

てか、
わしゃぁ
中島画伯の「な」の字も知らんかってからに、、
中島画伯がそげに偉い先生じゃった言うことも知らんかってからに・・・

おばさま方に連れてってもろぅたわけでおじゃる。( ̄个 ̄)

で、
大三島の万福寺にお参りさせてもろぅてからに・・・
圧巻じゃった!!
すげぇかったゎぃや!!
絵のこともさっぱり分からんわしも
=( =`д´= ;)⇒
みたげに驚きの感嘆をあげてしもうたゎぃや。
d0112251_14155014.jpg

中島画伯独特の遠近法で描かれた桜はぼれぇ迫力じゃった。
絵の中の散りゆく桜の花びらも
さらさらと音をたてているようじゃった。
その花びらで秘密の文字も描かれてあり(ひそひそ)遊び心もあった。
やっぱ観られてよかったよのー・・・と、みんなで言いながら帰った。

で、もひとつ
大山祇神社にも参拝。。
d0112251_14162429.jpg

で、もひとつついでに
島の近くに亀老という山がありそこにも運転手さんが連れてってくれた。
d0112251_14165464.jpg

きれぇな瀬戸の海の眺めじゃった。
d0112251_14172735.jpg

で、写真撮り忘れじゃが、
亀老山(きろうざん)の上り口にある売店の「藻塩ジェラート」ぼれ旨じゃった!!
でぶも相伴しよったが、感動しとった。
にっぽんいち注文の多いジェラートじゃげな(ひそひそ)

四国も見るとこやらおいしいとこ仰山あるでよぉ
おばさまがた、また行こうで!!^^v

万福寺の皆々さま・・・
大勢押しかけてすみませんでした。
&お世話になりありがとうございました。
へぇでからに、
今後ともよろしくお願いしまず<(_ _)>
d0112251_14175698.jpg


すんません
大事なこと書くの忘れとった=( =`д´= ;)⇒
追記でし。
この大三島・万福寺の副住職さんがこのたび本を出版されますた
と、言うても絵本でし。
お子さんから大人まで誰でも読める絵本です。
宗教に馴染んだことの少ない若いお方でも分かりやすく気軽に読める
そんな本を作りたかったそうです。
絵本と言うても
絵がぼれぇいけとる(゜▽゜人)❤
d0112251_15141180.jpg

副住職さん、、
今度、東京の代官山にある有名ななんちゃらいう本屋さんに置いてもらえる
言うて嬉しげにしよった。
[PR]

by chirumegu | 2012-10-21 14:23 | ありがとう | Comments(14)
2012年 04月 24日

入院談

つづき

救急車でみつぎ総合病院に運ばれ
MRI撮影を終え、ハルンバッグを装着し、
待機していると
廊下の向こうの方で
わしの名字を呼ぶ男の声がした。
しかも
「ちるめぐちゃぁ~ん」と、
ご丁寧に、名字の語尾に『ちゃん』まで付けて。

誰ならっ。心安げにぃ(;一_一)
と、
わしは、頭がくそ痛いのに
廊下の向こうのその声のする方向を見た。

どうも医者らしき姿がその声の主であった。
そして、その主は、医者のくせに白衣を全開にして
その裾をぺらんぺらんと靡かせながら、
その上に黒のダウンジャケットをはおり、
両手を白衣のポケットにつっこみ
こちらに近づいてきた。

うぇっ!医者かっ!
偉げにっ!(;一_一)

と、わしは思うたが、
次第に近づいてくるその医者の姿が
くっきりはっきり見えてくるにつれ
感情が次のように変化していった。

なんじゃぃっ!医者のくせにポケットから手ぇ出せやっ!
黒のダウンやんけっ!
かっこつけんじゃねぇよっ(;一_一)ア~ン?
無精ひげなんぞはやしてからに(;一_一)ア~ン?
しかも黒いダウンの背中の方は何か知らんけど
白い汚れがいっぱいついとるし(;一_一)オエッ
うゎっ!ロン毛じゃし。
しかもその頭、
何時洗うたんや!(;一_一)ア~ン?
ふけがいっぱいついてからに(きちゃなっ)

背中の白い汚れがいっぱいついとる黒いダウンにゃ
頭についとったふけがいっぱい落ちとるし(;一_一変?)

と、僅か30秒あるかないかの間に
わしは救急病人のくせに、こげなつまらんことを観察し、
思いをめぐらしとった(ばかくさっ)

その医者はだんだん近づいて
とうとうわしの隣ぐらいの距離に達した時
初めてその顔を拝むことができた。

げっ!!
ぶさいくっ!!=( =`д´= ;)⇒




ところが


ところがだ




その医者の風貌やらきちゃなげなところやら
臭げなとこやら無愛想なところやら
ぶさいくな顔やらが



めっっっっっっっっっっっちゃ





タイプなわしであった

その時わしゃぁ

(❤▽❤人)

みたげな顔をしていたに違いない。
そしてあるセリフを思い出していた。
くそ頭が痛いのに。。



「うぅぅ~~~~~んマンダムぅ」このせりふ。。


ほうよね、
この人にくりそつなんよね
  ↓   ↓   ↓
d0112251_21162435.jpg
















あ、この人も好きじゃったんじゃけどね^^
  ↓    ↓  ↓
d0112251_21194565.jpg
















節操のないわし・・・( ̄▽ ̄)タリラン

その日から、わしは、その医者のことを秘かに
「チャーリー」と、呼ぶことにした❤
お若い方々にはお分かりいただけないかと思うのだが、
その昔、マンダムのコマーシャルには、
めちゃいけのもっくんではなく(当たり前じゃけど)
このお方、
チャールズ・ブロンソンだった。

が、その浮かれ気分は、つかの間じゃった。

「お酒を呑まれるようですが、どれぐらい?」

な、何で知っとるん、チャーリー?

「ご主人が言っておられたよ『うちのぁ、よ~~~~~ぅ呑むんじゃけ』と」

かばちよねっ、でぶっ!!(;一_一)
あんた、
わしに『でぶのせいじゃ』
そう言われる前に先手取ったろうがっ!!
く、くやちぃっ!!
あんたじゃって、
たばこやめぇやーっ!!(ノ`A´)ノ ⌒┫
と、叫びたかった。
くそ頭が痛いのに。
d0112251_21302427.jpg

前回の出血で、原因があんましよう分からんかったいうこともあって
医者の根性みたげなもんを掻き立てるもんが
あったんかどうかは知らんが、
その日からチャーリーは、
ありとあらゆる方法で、
わしの脳を調べに調べあげてくれた。

今日も今日も検査ばっかで

ICから検査室まで行くのに
ベッドごめガラガラと移動するけ、
外来の人らぁに
見られてはずかったしぃ(;一_一)
髄液とる時、
えびみたげな恰好せぇ言うて
看護師のナカヤマさんに押さえつけられて
窒息するか思うぐらいしんどかったしぃ
・・・・
腹のぽっこりが閊えて邪魔でくるちぃかったんじゃっ!!(;一_一)クソッ
d0112251_21311486.jpg

今回のカテーテル検査
足の付け根じゃのぅて
腕からじゃって、麻酔をせんかったけ
目の前で閃光が光って
めっちゃびっくりしたしぃ(;一_一)
目ぇ瞑っとっても眩しすぎて
目の奥が痛ぁかったゎ(;一_一)

あ、でも、チャーリーの姿はきちゃないけど、
さすがに手だけは、めっちゃきれいかった❤

閃光が熱かったしぃ(;一_一)
喉乾いたしぃ(;一_一)
点滴は、針をさすとこがないぐらい
いっぱいして、
刺した向こう側に突き抜けるんか思うたゎ(;一_一)
今話題のてんかん、引きつけ止めの注射もして、
ぼれぇ痛かったしぃ(;一_一)
あれ・・・
薬が体内に入った瞬間
ずんずん血管を通って中に侵入してくるのが分かるんでぇ~
ぼれぇ痛ぁんでぇ
泣こうか思うたぐらい痛かった(ノДT)アゥゥ



結局、
そげな大変な思いをして
検査の日々を明け暮れしたが、
どこから出血したか、
なんで出血したか
どのように裂けたか
と、いう詳細は、
前回に同じく分からんかった。
異常はどっこにもなかった。

でも、
病院や担当の先生によって、
治療や薬が全然違うてくるんじゃのぅ。
当たり前のことじゃが、
改めて納得!

が、すかす

・・・・
・・・・

もぅ、検査はえぇゎ(-公-、)
せんでもよろし( ̄-  ̄ )


と、言いながら
次の検診の9月を
心待ちにしておるわしがおる
チャーリーに会えるしぃ^m^(湧惑)
この矛盾、なんとかならんかぃのぅ(-公-、)

しんどい思いをした検査の山であったが、
手を尽くしてくださった
チャーリー先生、看護師のスタッフのみなさん
お世話になったことは言い尽くせません。
本当に
ありがとうございました<(_ _)>


で、
後で聞いたことなのだが、
このきちゃないチャーリー先生
広島県内で、みつぎ総合病院の脳外科・M岡先生と言えば
脳ではかなりの権威らすぃ(ひそひそ)
げっ=( =`д´= ;)⇒
そ、それをわしは・・・
きちゃない、
ぶさいく、
チャーリー、
などと・・・=( =`д´= ;)⇒


(大文字で言うとるし((笑))

お、お詫びのしようもありません。。
し、失礼いたしますた(汗×10)<(_ _)>
[PR]

by chirumegu | 2012-04-24 21:35 | ありがとう
2012年 04月 08日

湧惑

畳も替えたしぃ♪
d0112251_21583688.jpg

暗い画像ですみません<(_ _)>
でも、新しい畳の匂いはええのぅ❤
『畳と女房は新しい方がええ』
とは、よう言うたもんじゃ焼き

わしゃ、5月から古女房になるんでぇ~♪

でも、何か知らんけど、嬉しいんよねぇ♪
新しい家族が増えるんよね♪

家族が増えて
古女房になって、


どげなわしになるんじゃろか。。

意地悪ばぁさん、せんよぅに
しよっと

・・・

なるべく^m^イシシッ

あと、1か月とちょっとになったのぅ。
これまで色々あったが、
これからもよろしぅ
お願いしまず<(_ _)>

のぅや、
かなちゃん^^v
d0112251_228023.jpg


写真は数年前にとったもんで
記事の内容とは全く関係ないもんです。
すみません(^^ゞ

[PR]

by chirumegu | 2012-04-08 22:19 | ありがとう