散る桜もまたさくら

chirumegu.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 30日

スーパーばぁちゃん

ちる家のばぁちゃんは、「ばぁちゃん」の上に、「スーパー」がつく。
大正12年生まれの数え年87歳。
次男のNと誕生日が1日違い…いや、それは、関係ねぇか。

家業をでぶにぃと分担して実際にやっている私より、現役だ。
頭も冴えとる。
何をやらせても、計算させても、わしよりずんと早い。

いや、わしの、頭があほで、てべてべなだけか。。(;一_一)

去年、ちびめぐ一家と、カープ戦を観に行った時、出がけに
「ちるちゃん、平成○年の8月○日にも、行ったよのうや。うちゃ、覚えとるで」
へっ??

行った本人のわしが忘れとるというのに、ばぁちゃん、年月日まで、覚えとるとはっ!!=( =`д´= ;)⇒
がびぃぃ~~ん!( ̄▼ ̄)
してやられたりぃ~…じゃった。

頭が冴えとるだけじゃなく、健康だ。
お年寄り特有の膝痛だけで、他には悪いところが全くない。

ばぁちゃんは、健康のためには、なんにもしない。
なのに、元気( ̄▼ ̄)

身体に悪いからといって、~をしなければ…ということもないし、
身体のためにいいからといって、~をしなければ…ということもない。

ばぁちゃんの作った梅干し。
d0112251_20235078.jpg

減塩ではない、昔からのそのままの作り方で仕込んだ3年物の梅干し。
超塩辛い=( =`д´= ;)⇒

でも、これが、なぜか、梅特有の甘さと、すっぱさと、ばぁちゃんの入れた大量の塩が混ざり合って、、
なんかねぇ、うんまいんよね。

食べる者を虜にする。
(ほっこり製の梅干しももちろん、うんまいんよ^^)
毎朝、ばぁちゃんは、超塩辛いこれを食べている。
でも、病気知らず^^v

そんなばぁちゃんを私は、座敷牢に閉じ込めるがごとくに…
部屋で、夕飯の前、テレビを見てるばぁちゃん^m^
d0112251_20485256.jpg

鬼嫁な…わしじゃろぅ。

文句もいわないばぁちゃん。
けれど、その座敷牢からひとたび出たひにゃ、その底力を発揮する。

俊敏さ…
これは、あのイチローにも匹敵するくらいのものだとも思える。
87歳で、こ、これは…。

でぶにぃがいないので、これ幸と思って、超手抜き晩ごはん、コンビニ弁当で、がまんしてもらって、2人で食べていた時のできごと。

ばぁちゃん、急に…
「ふんっ」
と、腹に力を入れて、鼻と口から、つい息が漏れた感じの音を出した。
と、同時に、テーブルの下でも、何やら音がした。
どしたんかのぅ…ばぁちゃん

顔を見ても、普通に食べよるし、
テーブルの下を見たら…

きっちりとスリッパを履いた足がぴったりと合わさっている。
しかも、10センチほど足を浮かせて…
テーブルの下の音というのは、両足が合わさる音だった。

その合わさった両の足の甲の上には、食べかけのおにぎりが

丁度、合わさった両足の真ん中らへんに、ちょこんと、のっていた。

ば、ばぁちゃん…っ手羽=( =`д´= ;)⇒
見ていないので、確かなことは言えないが、きっと、こうだ。

♪おかずを食べてと、さて、今度はおにぎりに突入じゃ♪
と、ばぁちゃん、はりきって、おにぎりを一口食べて、残りのおにぎりを弁当箱に戻そうと、その時!!
おにぎりは、無残にも箸から転がり落ちた!!

しまった!!落としたら、ちるちゃんに風が悪い!!
と、即座にスリッパを履いた足を合せ、おにぎりをキャッチした!!

ってなもんや三度笠
みごとなキャッチじゃった(゚・゚* ホレボレ

で、その後がある。
10センチほど浮かせた足の上にのせたおにぎり…

どうすんかのぅ…
と、思いながら、わしは弁当を食べるふりをして、ばぁちゃんの目を盗んで
おにぎりをどう処理するのかを、こっそり見ていた。

その両足を、ゆっくりと、少しずつ下におろし、床につけた。
しばらくすると、ぴったりと揃えてくっつけていた両足を、少しずつ、にわかに(変?)離らしていって(変?)
そしたら、

そしたら…

そのおにぎり…

床に置かれて、スリッパを履いた足で、少しずつ少しずつ、わしに気づかれんようにと、ばぁちゃんの方に引き寄せられて、わしには、見えないところにかくされた。

これが、落とされたおにぎりの顛末だった。

この落とされたおにぎりの行く末を見た時の、わしの頭の中は…

もう、

もう…

その笑いに堪えきれなくなって…(ノДT)アゥゥ

苦しかった。
死ぬかと思った。
血管切れた時より、苦しかった。
ひとりで笑いをこらえなくてはならない、この苦痛…

みなさん、分かっていただけるでしょうか。

でも、こらえきった。
わし、
えらいじゃろぅ?
ほめてつかいm(__)m
d0112251_20513064.jpg

あ、いや、こんなことを言うために、書いたのではなく、
ばぁちゃんの自慢じゃった。

とにかく、そのおにぎりを直接落としてはならないという使命感!
その使命感もさることながら、あの腹筋力!
10センチほどの足上げ力!(かなりの持続力じゃった)
それに、落ちてきたおにぎりを瞬時に捕まえる瞬発力!
とても87歳とは思えない。

でぶにぃが、帰った時このことを言うと、普段にはなく、大爆笑しながら、
「別に直接落としゃええもんじゃが、、、気持ちは分かるのぅ」じゃと。

ばぁちゃんのこの底力。
スカウトに来んかのぅ…マリナーズ。
カープでもええで(^^ゞ
いや、冗談言うとらず。

きさらぎちゃんも、おじぃちゃんのことを書いていましたが、お年寄りと言われるお方々。
何十年も生きてこられ、その苦労も人生も、人それぞれ違えど、一言では言い表せない独特の自分の世界をもっておられる。

若さも、力も衰えきっている方々。。
けれど、頑ななこだわりを持っておられる。
何十年という歳月を生きてきて培ってきた経験がそうさせるのだ。

うちのばぁちゃんだけではなく、どんな方でも「スーパー」なのだ。
それは、私が、どんなに頑張って太刀打ちしようとしても決してかなうものではないと、思っている。
そんな、スーバーじぃちゃん、スーパーばぁちゃんたちに私は、こころから敬意を表したい^^v

ばぁちゃん、いつも、お世話になってあんがと。
これからも、どうぞよろちくびぃm(__)m
敬老の日は、まだまだ先だけど…(^^ゞ
d0112251_2044174.jpg

[PR]

by chirumegu | 2009-07-30 20:53 | 生きとるね | Comments(36)
2009年 07月 27日

いただきもの…いろいろ

野菜をどっさりいただいたので、作ってみました
きゅうりのQちゃん漬け
d0112251_10492041.jpg

なすびの辛子漬け
d0112251_10503584.jpg

なすびの明太子和え
d0112251_10514547.jpg

で、野菜ではありませんが、( ̄▼ ̄)えへへぇ~~っ
ほんまに、旨かったのぅ…これ、ね、ほっこりちゃん
d0112251_10543649.jpg

これを飲んだ後、ブログに訪問したけん、あほが、普段の10倍も20倍にも炸裂してしもて(-公-、)
みみずさん、すんまそ…でしたm(__)m

でも、岩国のみぃちゃん、E信さん、ありがとう
&Kがお世話になりました。m(__)m

それから、こんないただきものもありました
d0112251_11132048.jpg

ゴーヤは、炒めてカレー粉をふって・・・
あと、てんぷらにも^^v
旨かったべ❤

今度は、サラダに挑戦するけんね、ヨーコさん^^v

紫蘇ジュースは、今、飲んでいます。
これは、ばぁちゃんも、大好物で、ぼれぇ、喜んどる。

ありがとうね、きさらぎちゃん❤
ボトルの蓋を開けたとたん、紫蘇の香りがぷぅ~んとして

アロマの代わりになったよ^^

自然の恵みのおすそ分けを、いっぱいいただいて、心と身体が元気になりました。
[PR]

by chirumegu | 2009-07-27 11:21 | いただきもの
2009年 07月 22日

大雨が残してくれたもの

バケツをひっくり返したような…
と、よく言うけれど、昨日の雨は、まさにそのものだった。
d0112251_14383443.jpg

昨日、うちから15分離れたところのおうちに仕事があって、恐恐、車を走らせた。
ワイパーも一番早いのにしても、追いつかないくらい降るわ降るわ…の雨じゃった。
途中、側溝から水があふれて、車で泳ぐとまではいかないが、橋を渡るときなど、すぐ下に、泥の水が物凄い勢いで流れているので、おかしなもので、その錯覚に陥いてしまう。
恐かった。
この程度の雨でも、この恐怖。
山口での被害に遭われた方々の恐怖やショックはどれほどのものだろうか。

謹んで、お見舞い申し上げます。

その上、破損や、流れた土砂などを片づける復旧。。
考えるだけで、気が遠くなる。
どうせ、わたしゃ、見とるだけで、何もせん女じゃけんの。
ぶつぶつ…。

で、話は戻って、そのおうちに行くには橋を渡るのじゃが、その手前に差し掛かった時、川向うの土手に一羽の鳥がおった。

鴨じゃった。
d0112251_14405360.jpg

まさに土手の際まで川の水が増してうねりながら物凄い勢いで流れているすぐそばを、この鴨は

ぺたん
ぺたん
ぺたん

という音が聞こえるくらい、ゆっくりと歩いていた。

「えぇぇ~~っ!鴨くん、大丈夫なん?」
と、声をかけたが、それも耳に入らず、ひたすら
ぺたん
ぺたん
ぺたん
と、鴨は、歩く。

時折、川の方を覗きこみながら。

「お、落ちるでぇ~っ!=( =`д´= ;)⇒」
d0112251_14484279.jpg

ちょっと、どきどきしたが、私の声も聞こえん。

そのおうちの奥さんに、聞いてみた。
「この辺で、鴨を飼っているおうちが、あるんっすか?」
「どしたん?」
「いや、そこの土手を歩いとったんです」
「えぇぇ~~っ!橋のどっち側?」
「わしが、来る方側です」
「いつもは、橋の向こう側にいるから、たぶん、流されたんじゃね」

この鴨くん、いつの頃からか、やはり、大水が出た時、どこからか流されてきて、その近くに住みつくようになったんじゃと。

時折、この川で泳いでいるそうな。
この日は、たぶん、自分の巣から、だいぶ下流に流されて、帰りは、とても泳げないので、
「よし、歩いて帰ろぉっとぉ」
と、
ぺたん
ぺたん
ぺたん
と、歩いて帰っている際を、私に見つけられたのだろう。
d0112251_14493572.jpg

か、かわいぃかったっす♥ ^^
本人は、とても恐かっただろうけど。
聞けば、その鴨くんの巣のそばに、やはり、大水で流されてきたヌートリアの親子が住んでいると。
上手に共存しとるんじゃろうのぅ。
たまには、一緒に遊んだりもするんだろうか。(いや、ばかなことを言ってないで=3)

本人たちには、大変で悲惨な人生だけど、私から見ると、なんか、ほのぼのした光景だった。

しかしながら、彼らは、一生懸命生きている。
自分の置かれた境遇を
受け入れて愚痴も言わず、
ただひたすらに
生きている

私も、そんな風に生きてみたいと思った。(無理は分かっとるけど)
d0112251_1450918.jpg

カメラ…持っていけばよかったのぅ。
写真、取り損ねたわぃ。
いや、仕事にカメラは、いけんじゃろぅ (ノ`A´)ノ ⌒┫

なお、これらの写真は、記事とは一切関係ありません。
それぐらい、分かっとるわぃっ!キック!! ヽ( ・∀・)ノ┌┛Σ(ノ `Д´)ノゲシッ
[PR]

by chirumegu | 2009-07-22 14:56 | 生きとるね | Comments(32)
2009年 07月 18日

あと、もうちょっと^^

昨日のちるめぐんち界隈・・・
d0112251_1385124.jpg

雨にぬれて・・・と、いうよりも、うたれて痛々しいぎぼうし
d0112251_13104510.jpg

傘をさして山を見上げれば
d0112251_143443100.jpg

なんか、よう分からん写真じゃ(=_=)
じょぶじょぶ、水がたまる
d0112251_14374098.jpg


あぁっめぇあぁめぇ、ふぅれっふぅれ、、もぉっとぉふうれぇ
わぁったしぃのいいひとぉ つれてこいぃぃ~♪

よりも

ぴっちぴっち ちゃっぷちゃっぷ らんらんらん♪
こんなノリの方がええかもしれんです^^

でも、昨日の雨は、そんなのんきな雨ではなかったな。
ざぁぁぁぁぁぁぁ
d0112251_1440263.jpg

ってなもんや三度笠^^v

でも、自然には、この雨、ちょうどよかったみたいに嬉しそう
d0112251_14463098.jpg

梅雨だと言うのに、雨が少なくて、今年の咲きは、いまいちだったのに、
とっても、嬉しい顔をして咲いていました^^
色んな色に変っていきよる

今日の午前中は、少し降っていて、午後からは、晴れ間が顔を出しています。
こちらでは、もう少し、
あともうちょっとです。
明けたら
出そうかのぅ、、暑中見まい・・・( ̄-  ̄ )←誰に出すか、考えている…。

そして、これも使えるかな?
d0112251_14511931.jpg

まるちゃん
暑中見舞いありがとう。
わくわくしながら、まるで、恋人から来た手紙みたいに、どきどきしながら読ませてもらったよ。
ええもんじゃのぅ・・・
暑中見舞い・・・(●^^●)
北のお方に出そうっかのぅ❤
[PR]

by chirumegu | 2009-07-18 15:01 | ありがとう
2009年 07月 14日

糠漬けとキャベツのやわらか煮

きさらぎちゃんが、 「ほっこりちゃんの150年の糠床プレゼント」に、みごと当選したのを見て、
ええのぅ・・・(;一_一)
くやじぃのぅ・・・ (ノ`A´)ノ ⌒┫
うらやまじぃのぅ・・・(T_T)
食ってみたいのぅ・・・( ̄▼ ̄)

と、うじうじしてばかりいられなくて、ならば・・・
と、自分で糠床を作ってみた。。

最初は、糠に塩を混ぜることも知らないで、やってみたら、糠と野菜の味しかせんかった。
そのうち、だんだん糠が発酵してきて、すっぱくなってきた。

ほっこりちゃんに泣きついて教えてもろうたら、
「卵の殻を入れたらすっぱいのがなくなるよ」
と、教えてくれた。

入れてみた。

ぎょえぇぇ~~っ!!
ほんまじゃっ!!=( =`д´= ;)⇒
ほっこりちゃん、すげぇっ!!

で、
「糠に、塩を入れるんか」と聞いたら
「うん、入れるよ」と、教えてくれた。
入れてみた。
ちょっとは、ましになったけど、なんか違う。

で、きさらぎちゃんが、送ってくれたほっこりちゃんの糠床の記事を書いているのを見たら、
「梅がごろごろ入っていた」と書いてあって、

おうっ!ほうじゃった!いつじゃったか、ほっこりちゃん、青梅を入れとったのぅ。
と、思い出し、スーパーで梅を買ってきた。
d0112251_10293181.jpg

もう、黄梅になっとったけど、いれてみた。

なんかねぇ( ̄▼ ̄)えへへぇ~
ええ感じなんよ・・・♥

糠と、塩と、山椒と、とん辛子と、こんぶと、塩と、卵の殻と、梅と、、
へぇから、今まで漬けた野菜の味と
いっぱい、いっぱい混ざって
こんな、糠床になった。
d0112251_1026966.jpg

最初は、ぱさぱさだった糠床も、野菜の水分をもらってしっとりしてきた。

で、漬かった野菜たちは、
d0112251_10285796.jpg

むふぅ~( ̄▼ ̄)
漬かっとる、漬かっとる。。
切ってみた。
d0112251_1032826.jpg

ごはんが、旨い!!

で、キャベツをいっぱいもらったので、
友達のやんくみさんに教えてもらって、「キャベツのやわらか煮」を作ってみた。
d0112251_10382284.jpg


淡白なキャベツも、自己主張の強い干しシイタケも、鶏さんも、人参も、いんげんも、スープも
それぞれに、それぞれから、味をもらって、さらに美味しくなってた。

料理をするときいつも思う。

食材は、自分の味をみんなにあげて、自分もみんなから味をもらって
へぇで、ひとつの料理ができるんだな。

ちぃちゅぅれんげぇ
だぃにょぉしゃぁりん
しょぉしきしょぉこぉ
おぉしきおぉこぉ
しゃくしきしゃっこぉ
びゃくしきびゃっこぉ
みぃみょぉこぉけつ

西の尊いお国みたいじゃの

今年は、裏山に沢山の、ほたるぶくろが咲きました^^
d0112251_1052876.jpg

[PR]

by chirumegu | 2009-07-14 11:05 | ありがとう | Comments(30)
2009年 07月 09日

やっと・・・

こないだ、記事で、私は、気持ちをプレゼントした少年のお話を書かかせていただきましたが、私は、もう、1か月以上も前に、あるお方から、大切なおこころをプレゼントしていただいていました。
なのに、メール1本で、お礼をすませ、読ませていただいて、何にもお返しもせず、放置したままでした。
なんという薄情なやつじゃっ!!わし、いうてっ! (ノ`A´)ノ ⌒┫
あのお方もこのお方も、紹介しておられて、、
実のところ焦った。=( =`д´= ;)⇒
そのプレゼントというのは、このお方のこのご本・・・
写真、4枚も撮りましたが、全滅。
「風はどこから」
私は、観た映画とか、読んだ本の紹介をするのが、下手です。
昔から、下手だから、嫌だったなぁ。感想文書くの…(-公-、)
上のお二人が、紹介されてるのを見たら、わし、とてもあんな風に書けんな…って、(=_=)こんな顔して思っていました。ずっと。
なのに、なのに・・・凡愚さんっ手羽・・・
わしの書いた記事、リンクしてくれて…

ゆんべ、うみちゃんとこで、「さくらんぼ」の記事をみて、
あ、こんな風に素直に書けばええんか、、って思って決心がつきました。

私の大好きな阿弥陀ちゃんのおこころが、村上慈顕さまと村上のぶやさまによって優しくやわらかく書いてあって、へろへろに疲れてかわいている私にあったかいうるおいが、少しずつ広がっていきました。
難しい仏教語が、のぶやさまの手で、やさしくあたたかい詩にかえられ、
慈顕さまの日常の出来事を通して感じたことを文章にしてありました。
そして、
慈顕さまの「手紙」の文章では、

・・・
泣いた。
お育てを受けておられるんじゃね(ノДT)アゥゥ

いつも手の届くところに置いて、何度も読み返しています。

ちょうど、数週間前に、入院された近所のやすこさんへ、お見舞いのつもりでプレゼントしました。
それから、お世話になったあさこさんにも、お礼にプレゼントしました。
二人とも、喜んでおられて、さらに、読んで、阿弥陀ちゃんのおこころを受け止めておられた。

ちょっとしたプレゼントにもいいなと思いました。
お取り寄せは、こちらです
そして、凡愚さん、ありがとうございました。送ってもらってとても、嬉しかったです。

そして、うみちゃん、ありがとうね。
うみちゃんのあの記事、何のはからいもなくとても素直な記事で大好きじゃ。

ぎぼうしの花・・・咲きました^^
d0112251_1234343.jpg

つぼみと、感じがちがうじゃろ?きさらぎちゃん^m^
[PR]

by chirumegu | 2009-07-09 14:01 | ありがとう | Comments(18)
2009年 07月 04日

みんなご苦労さまでした

また一つ身近ないのちが旅立っていった。
でぶにぃの姉ちゃんのお舅さん
百歳だった。
これまでの介護、お疲れ様でした。
そして、おじいちゃんも。。
百年という長い時を、生きてこられ、愛する奥さんにも先立たれ、苦労の連続だったろうな。

大変だったろうに、みんな愚痴も言わずに、えらいのぅ。

今日がお葬式。
昨日から行っていたでぶにぃも、さっき帰ってきました。
姉ちゃん、今頃は、娘や息子たちと、ねぎらい合ってるかな。

当分は、ゆっくり休んでください。(って、忙しいけん、できんかのぅ)

先日私たちが大勢でおしかけて行った時も、明日も分からない容態だったのに、姉ちゃん手羽、「言うたら、『来ん」いうけん、言わんかったんよ」
何にも知らない私たちは、呑気に楽しんで、帰ることができました。

3人の子供を育てながら、お義兄さん教員をしてたから、じいちゃんの仕事も手伝って、そのお義兄さんも13年前に病気で亡くなって、それから、ひとりで、3人の子供の結婚式をやりとげて大変じゃったね。

姉ちゃんがお嫁に行って何年になるんだろう。
K山と四国といったら、きっと習慣なんか、全然違うんだろうな。
今では、もう、そこの顔になってるよ。
その土地の徳に育てられ、姉ちゃんは、今があるんじゃね^^
じいちゃんが、亡くなられて、ぽっかり穴があいたようになっただろうけど、
これからも、精一杯、そこで、家業を守ってください。
私たちも、このK山の地で、、
d0112251_20141451.jpg

そして、、
「土徳」・・・く、くるちぃ・・・=( =`д´= ;)⇒
ここにつなげるの、かなり、くるちぃかったよ、どとくちゃん!

Japan Film Festival Los Angeles 2009凱旋アンコール上映 
『土徳-焼跡地に生かされて』  


2003年、広島を中心に全国で草の根的に上映が展開している
『土徳-焼跡地に生かされて』(監督:青原さとし)が
今年、4月に“Japan Film Festival Los Angeles 2009”に招待されました。
それを記念して、実に6年ぶりのアンコール上映が開催されます。

2009年7月4日(土)~10日(金)  
16:30 英語字幕版 (5日は休映) 

12日~17日(金) 
9:50 日本語版
16:30 英語字幕版

「土徳の世界」公式サイト   http://dotoku.net

■料金:一般1700円 大学生1500円 シニア&高校生以下1000円
■問い合わせ 横川シネマ!!
■住所:733-0011 広島市西区横川町3-1-12 横川商店街ビルA棟1階
■電話&ファックス:082-231-1001 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『土徳』 凱旋アンコール上映記念トークショー 
安芸門徒と戦争…そして土徳

 2009年7月11日(土)  横川シネマ
 09:50 『土徳-焼跡地に生かされて』日本語版上映
 17:00 『土徳-焼跡地に生かされて』日本語版上映
 19:00 上映記念トークショー
       信楽峻麿楽氏×東琢磨氏×青原さとし氏   
 20:00頃 終了予定
 
  ※『土徳』再上映期間中、映画をご覧頂いた方は無料。
   トークショーのみご覧の方は500円。


この4日から、映画「土徳」が広島の地で、アンコール上映をされることになりました。
原爆、戦争の傷跡を伝えたいという「ヒロシマ」の願いをつづった映画です。
観たいという方がおられたら、いいな。
[PR]

by chirumegu | 2009-07-04 20:27 | お知らせ