<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 30日

「すごい!!」・・・です

あるお方が、紹介していたこれ
d0112251_19235135.jpg

このS町、三和町あたりで、お百姓さんの保存食として、昔から親しまれていた「やきごめ」
お百姓のばぁちゃんなど「やっこめ」とも言うとる。

実が完全にみのる前の若いもち米を、
夏の終わりに収穫して、それを大きな鍋で炒る。
炒っているうちに段々平べったくなるから、「ひらい米」とも言うらしい。

袋からこぼれてしもた
d0112251_19261244.jpg

見えにくいだろうが、ちょっと平べったい感じじゃろ?
これを器に入れて、アツアツのお茶をかけて蓋をして5分ほど待つ
d0112251_1927022.jpg

へぇなら、この汁がのぅ…
塩をちびっと入れてすすったら、うんまいんよね♪

へぇで、また、アツアツのお茶を入れて蓋をして、今度は10分待つ。



ほいならのぅ
d0112251_19274655.jpg

こねぃに膨らみよる。
少しお茶と塩を足して、食べてみぃ。
かぁたぃやっこめが、やぉぉになってのぅ、そらもうのぅ、うまい言うもんじゃねぇんでぇ!
じゅるっ( ̄▼ ̄)ヘヘヘェ~

しかも、「うまい」だけじゃなく、若いうちに収穫するので、米が2分の1くらいしか
採れないらしい。
じゃけん、かつては、高価な保存食だったということだ。
それが、今では簡単に手に入る。
有り難いことだと思いながら、
先人のご苦労をしのばせてもらう。(ほろり)

と、えらげに言うてみる。

この辺のスーパーには、夏の終わりごろから、これが並び出す。
しかし、わしは、
出始めよりも、「今、食べんさい」
と、あえて言いたい。 (ノ`A´)ノ

朝晩冷え込んだ頃の「今」、食べんとのぅ。_( ̄▼ ̄)
やきごめは、そういう食べ物じゃ。
よう分からん宣伝じゃが・・・。

とにかく、秋も段々と深まった今、「やきごめ」は、ぴったりなんじゃ。

そのやきごめがぴったりの今に、これまたぴったりのバッグ
d0112251_19302118.jpg

_( ̄▼ ̄)エヘヘェ~
えかろぅ?
これ、手作りなんでぇ~。
名付けて「ちぃバッグ♥」
すげぇじゃろぉ?縫い目が見えんのんでぇ~
=( =`д´= ;)⇒
ファスナーを開けたら、出てくるわ、出てくるわ、次々と…
こんとに
d0112251_19305930.jpg

いっこS子に盗られたが・・(;一_一)
ちぃちゃんさんは、お百姓さんではないけど、家庭菜園もやりなさる。
すげぇじゃろぉ。
プ、プロじゃ=( =`д´= ;)⇒
そして、
ありがとうございました。
ちぃちゃんさんm(__)m
有り難く、使わせていただいています^^♪
すごい、お百姓さんの保存食「やきごめ」と、
ちぃちゃんさんの手作りバッグのご紹介をさせていただきました。。
[PR]

by chirumegu | 2009-10-30 19:49 | お百姓さんすごい | Comments(39)
2009年 10月 12日

あと、6日!=( =`д´= ;)⇒

昨日の日曜日は、広島まで、行ってきた。

午前中仕事をすませ、お琴のツレのしげこさんと一緒に。
この18日にある「縮景園邦楽観賞会」のリハーサルに参加するために。

私たちが行った時には、他の曲はほとんどすんでいた。
当日は、ゆっくり聴くことができないので、他の社中の演奏も聴きたかったのぅ。

でも…うふっ❤
福盛先生の演奏が少しでも聴くことができ、それだけでも大満足!!だった。

経験の浅い私が言うのもおこがましいのですが、
先生の弾かれるお琴の音色は、他に聴いたことがない、類い稀なお琴だとひそかに思っている。
あの音に少しでも近づきたいもんじゃ、なんじゃもんじゃ^^
当日は、先生の演奏だけは、人の目を盗んで、ぜっぴ聴こうと、一人でたくらむ。
へぇで、こっそりと、録音できたらのぅと…わしも、ワルよのぅ^m^イシシッ
d0112251_21171717.jpg


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

           お知らせです

           ♪縮景園邦楽鑑賞会♪
           10月18日(日)
            
            第一部 10:30~
            みだれ(古典筝曲)
            椿づくし(古典地唄)
            和の竹韻(尺八本曲)
            耳なし芳一(薩摩琵琶)
            讃歌(現代筝曲)
            里の暁(古典地唄)
            秋によす(箏と篠笛)
            黒髪(地唄と舞)

            二部 13:00~
            黒髪(地唄と舞)
            さらし風手事(近代筝曲)
            蕾の梅(古典地唄)
            耳なし芳一(薩摩琵琶)
            みだれ(古典筝曲)
            里の暁(古典地唄)
            鶴の恩返し(語り邦楽)
            名取川(古典地唄)


「さらし風手事」は、2枚の長い布「さらし」を歌舞伎役者が両手に上下する様を筝曲にあらわしたもので、
子供たちが演奏します。
すばらしいですよ、この子供たちの演奏!!
それにぷらす…うふん❤えみちゃんもね^^v

「黒髪」は、福盛先生が、尺八の先生と演奏されるのに合わせて舞踊の先生が、舞をされます。
昨年は、「千鳥の曲」だったな。

先生の弾かれる箏の音色と、舞とお庭の樹々やお池や空気とが相まってしっとりとした時間と空間の流れに
そこにおったもんは、しばしその音色に引き寄せられ、うっとりと、聴いていました。
今年は、どんなお箏の音色と舞を見せて下さるんじゃろう。

「鶴の恩返し」は、O田さんが、お琴を、たまえ先生が17弦をソロで演奏され、
ときこさんが、その演奏に合わせて、語りをされます。

ときこさんのそれは、日本昔話の市川悦子顔負けの語りなんですよん♥

この他にも、「明月亭」というお茶室で、演奏があります。

ちなみに、ちるめぐは、
一部では、「みだれ」を、二部では「蕾の梅」を、弾かせていただきます。

お近くで、お時間のあるお方は、ぜっぴ聴きにおいでてください。
福盛先生のすばらしい演奏が聴けますよぉ。^^v

と、性懲りもなく、宣伝してみる…。

ど、どうしよぉ(-公-、)
もう、1週間もないし…。
みだれ…自信ないんよのぉ(-公-、)
ぼれぇ、手が早うて…しかも、朝一で、テンション上げんにゃいけん。。
できるかのぅ。。このてべてべのわしに!!
どぉしよっ=( =`д´= ;)⇒

で、演奏会とは、関係ありませんが、
まるちゃん、、
これ…ぼれぇ美味しかったよ
d0112251_214317.jpg

ありがとうね^^
「房総ぼっち」・・・
「ぼっち」いうて、「もののけ姫」に出てくる
「でいだらぼっち」の「ぼっち」?
[PR]

by chirumegu | 2009-10-12 21:45 | お知らせ
2009年 10月 05日

受賞のよろこび

ゆんべ、「凡愚庵」の凡愚さまより、大変名誉ある賞をいただいた。
と、ノミネートも受賞も自分で勝手に決めている

もう、昨日から有頂天で、もう・・・たまりませぶん^m^ウヒヒッ←死語だろぅがっ!!

思えば火曜日=9月29日の晩に食べたあのカレーチャーハンがことの始まりだった。

でぶにぃが、「カレーチャーハンが食べたい」
と、言った。
(「カレーチャーハン」と、敢えて言わせていただく)

息子のKも出張でいないのに
なのに・・・大量に作りすぎた。

が、その日は難なくクリアできた。
次の日の昼にチーズをのせて「ちん」して食したのがいけんかった。
と、残ったチャーハンを冷蔵庫に入れておくべきだった。

でぶにぃは朝食べたから、午前中の仕事中に、わしとばぁちゃんは、昼ごはんに食べたから、午後からじゎじゎと…腹ぐあいが悪うなってきた。
食べた時の味は、大変美味しく、別段いたんでいた様子もなかったのに。

午後から、
事務仕事が山ほど溜まっていて、それにとりかかろうと思っても、ぐだぁ~~っ。
しんどいので、横になっていても、むかむか。
き、気持ち悪い。
と・・・・・・・・


突然…!!!!
なにやらが、腹の底からこみあげてきた。
うっ!!
トイレに駆け込んだ。

上から出て、すっきりした。
と、思っていたら。

こ、今度は、ぎゅるぎゅると、下の方で…
再びトイレに駆け込む。
上からも下からも出て、今度こそ、すっきりぃんこ^^v♪

これで、仕事に取り掛かれるん♪
やれやれ…

でも

ま、また きたっ=( =`д´= ;)⇒
再びトイレへと…。
上と下と大忙しじゃった。
繰り返すこと4回。

その日の晩は、食べる元気もなくなり、もはや腹から出すものもなかった。
ただ白骨のみぞのこれり…いや、違うか。

あはれというもなかなかおろかなぁりぃ
まだ言うかっ!!キック!! ヽ( ・∀・)ノ┌┛Σ(ノ `Д´)ノゲシッ

あ、いえ・・・こほん

この日を含めて3日間、何もできなかった。
仕事はもとより、
鶴ちゃぁ~ん、これ、ありがとうねぇ~^^v
d0112251_20165592.jpg

と、ブログ更新も考えていたのに、、
へぇで、皆さんのところへも、訪問コメントしようと思っていたのに。
PCの前に座る事さえできなかった。

そして、大好きなお琴の練習も全くできなくなっていた。
せっかく、「みだれ」をいただいているのに。くすん(-公-、)
3日には吉田町というところで、合同の練習が控えていたというのに、、

苦しかった3日間。。
でぶにぃや、ばぁちゃんに
「気持ち悪うない?」と聞いてみた。

「吐きそうじゃった」
「仕事に行って、吐くか、思うたで」
2人は答える。
わしは、3回も、4回も、上げ下げしたのに…
あの親子は、「そんな気がした」だけ

…ということに、とても不公平感がある。

それに、それだけ上げ下げして、体力が、衰弱してしまって、食べる気力もなかったわしは、
何となく、元気とか、エネルギーとか、生きていく力とか、そういったような色んなものを、
あの2人に吸い取られたような気がする。

そして、わしからいっぱいの色んなものを吸いとり上げたあの親子の強靭な肉体は、
さらにパワーアップし、、へぇっへぇっへぇ~~~…
と、更なる獲物を狙っているような…と、思うのは、気のせいなんだろうか。

こ、こわぃ…
そして、恐るべし!でぶにぃ親子っ!=( =`д´= ;)⇒
d0112251_2035188.jpg

でも、凡愚さんに、輝ける「オウト・ゲーリー賞」をいただいたので、
大変気を良くしているわし。
これで、あの親子には、なんかねぇ、
負ける気がせんようになった。るん♪
って、ばかなことを言うとらんで。

カレーチャーハンへの欲をにぎったがための私の苦しみの数々でした。

次の日にちんして食べただけなのに、色んなところに影響をおよぼした
カレーチャーハン。
当分は、カレーの匂いも嗅ぎたくないな。
あのといれでの、臭いは、生涯忘れることのできない臭さ…。
カレーチャーハンなだけに、そして、わしじゃし
…加齢臭じゃろぅ。
凡愚さんは華麗臭らしいけど。

お後がよろすいようで (^^ゞ

で、あらためて、鶴ちゃん、ほんとうにありがとうね。
あのゆかりちゃん、食あたりの後の、弱ったわしの胃にはとても優しくて&おいしかったよ。

これから、少しずつ、皆さんのところへも、お邪魔させていただきますので、
よろしくお願いいたしますm(__)m
[PR]

by chirumegu | 2009-10-05 20:43 | ありがとう | Comments(47)