散る桜もまたさくら

chirumegu.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 30日

めおとしるこぜんざい

こないだ、3日連続で明け方目が覚めて寝られなかった。
一度目が覚めたら寝られない。
いぃっつも「眠たい、眠たい」言うてぶりぶり言うておるのだから、
寝ればいいものを、こういう時、寝られないのだ。
つくづく困ったわしだと思う。
そんな時、でぶにぃったら…
・・・
・・・
Buuuu~~~っ!!
Uuuuu~~~っ!!
d0112251_14233599.jpg

所謂…
寝ぶぅだ(;一_一)
しかも、でぶにぃの
しかも、「寝られん」と言うとるわしに向けて…(;一_一)
しかも、でかい音だった。
しかも、きばる時に出る「ふんっ」という息ももれていた。
1日目は、黙っていた。
次の日も、同じ明け方、

寝ぶぅ。。
しかも同じ音の、同じきばる息漏れ

しようがなぃ。
辛抱しちゃるゎぃ(;一_一)
そして次の日…
やはり同じ明け方、
でぶにぃったら
寝ぶぅ…
よくもまぁ、こねぃに同じ時刻に同じ寝ぶぅなどできるもんじゃ。
しかも三日連続、あきれた(;一_一)

「仏の顔も三度まで」と、いう言葉があるが、わしも仏になれん身だが、もう、我慢の限界じゃ。
言うてみた。
d0112251_1425497.jpg

「くっさいんじゃ!!三日も連続でようもこくのぅ、われ!」

とは、言わなかったが、

「うっさいのぅ」と言うてみた。
でぶにぃは、黙っとった。
こりゃだめじゃ(;´д` )トホホ

しかしながら、これまでの27年間、わしも、こねぃな寝ぶぅをこくような、でぶでようこらえて来たよのぅ…。
夜も白々明けてくる頃、そう思いなが蒲団の中でぶつぶつ言うてみた。
が、まてよ=( =`д´= ;)⇒

寝ぶぅをこくのは、でぶだけなんだろうか?
もしかしたら…
・・・

その日の晩、飲みながら、聞いてみた。
「今朝のあの寝ぶぅ、知っとるん?」
「おう」
知っているらしい。

「で、もしかして、わしもこきよる?」
「ほらぁ、ほうよっ!」
「えぇぇ~~~っ!!=( =`д´= ;)⇒」

や、やっぱし…
あえなく撃沈…がくっ(;´д` )トホホ
d0112251_142758100.jpg

でぶがこいた寝ぶぅで、ハラワタが煮えくりかえるほどの怒りではなかったが、「なんでわしばっかり、こらえにゃならんのじゃろか」と、蒲団の中で一人ぶつぶつ愚痴を言うてしもうた。

しかし、でぶにぃの寝ぶぅは、わしの寝ぶぅを教えてくれた。
よくよく考えてみれば、いや、考えぬとも、明らかなのは、寝ぶぅだけではなく、日々のなりわいの中で、どれほどこらえていることがあるだろうか。
「わしばっかし、こらえとる」
「わしさえこらえとれば…」
「わしがこらえとるけん( ̄-  ̄ )」
挙句の果てには
「わしのおかげであんたはやっとられるんどぉ」
と、一人でえらげにしていたわし。
こらえていたのは、わしではなかった。
でぶも・・・
いや、もしかしたら、でぶは、わし以上にこらえとるかもしれない。
そう思うたら、
「すまんのぅ…でぶ」
と、涙がぽとり…

いや、涙など出はせん。
でぶに頭を下げるどころか、
「分かっちゃいるけど、やめられねぇ」
と、同じ過ちを繰り返す毎日のわしだった。

昔、ミヤコ蝶々さんの番組で「夫婦仲良きことは善き哉」
と言う言葉が最後に出ていたような覚えがあるが、最近それが妙に思い出されてならない。

果たして、わしら夫婦は決して仲良きわしらではないが、先日のでぶにぃの寝ぶぅを通して→わしの寝ぶぅを知り→わしの寝ぶぅを知ることによって→
「こらえとる」のはわしだけではなかったということを知ることができた。
大いに善き寝ぶぅだったと思う。あ、違うか^^ゞ

夫婦は、本当にいつも仲が良いままでいられるはずもないが、
相手を通してお互いを知ることができ、善き存在だ。

だから、喧嘩をしながらでも一緒にいられるんだろうかのぅ。
d0112251_1428549.jpg

でぶの寝ぶぅが教えてくれたこと。
…めおとしるこぜんざい
 夫婦知ル互善哉
…なんちて=3
[PR]

by chirumegu | 2010-01-30 14:49 | じゃけん今日まん | Comments(23)
2010年 01月 24日

ゆき…其の弐

ゆき
d0112251_1442890.jpg

はなも
ゆきも はらへば
きよきたもとかな
ほんに
むかしむかしのことよ
d0112251_1416463.jpg

わがまつひとは
われを まちにけん
おしのとりに
ものおもいばの
こほるふすまに なくねも
さぞなさなきだに
こころも とほき
よはのかね
きくも さびしき
ひとりねの まくらに
ひびく あられのおとも
d0112251_1474518.jpg

もしやと いいそせきかねて
おつる なみだのつららより
つらきいのちは おしかねども
こひしきひとは つみふかく 
おもはぬことのかなしさに
すてたうき 
すてたうきよの 
やまかづら
d0112251_14111211.jpg


ゆき
流石庵羽積 作詞
峰崎勾当  作曲


この歌…
大好きな曲なんじゃけど
お三味線弾きながら歌うの、むずいんよね(-公-、)

恋しいお方を待つおんな心を歌ったぶに
わしが歌うたら、でぶが、
「くたびれるのぅ」と、笑う_( ̄▼ ̄)ノ彡☆ばんばん!

ふんっ!ほってぇてくれ!
どうせ、音痴じゃし
おんな心など
歌えんゎ!(ノ`A´)ノ ⌒┫

はっ=( =`д´= ;)⇒
で、でもその前に…
おおきみの曲がっ!!
2月のぶに…でぇじょうぶなんかいのぅあきこ

す、すみません
久しぶりの更新なのに、意味不明でm(__)m

[PR]

by chirumegu | 2010-01-24 14:22 | 好き | Comments(22)
2010年 01月 07日

ゆき

ゆきが降っている
しんしんと
あるいは
さわさわと
ゆきの声が聴こえる
d0112251_223855100.jpg


手の届くゆきをちょんとつついてみる
かさっ
と、静かな声を立てて落ちる

つまんでみる
つべたい
つままれたゆきは
あっというまにとけてなくなってしもうた

ゆきがすき
ゆきが降るのを見ているのもすき

今、降っている
私が見ているゆき
ゆきになる前はなんだったんだろぅ

きっといっぱいの出会いをもって
ここに降りてきたんだろな
そして
あらゆるものにつべたい感を与える

そしたら木々の枝の蕾もきゅっとひきしまるぢゃぁないか
そしたら春にはよりいっそう可憐な、あるいは美しい花を咲かせることだろう
畑の葱や白菜や大根の上に積もれば
それらには甘みを与える
d0112251_2245244.jpg

このゆき
そうやって多くのものに多くの大切なものを与えて
いつかはとけていってしまうけど
また、姿・形を変えてまた私のところにやってくるんだろな
その時は私もまた私ではなく違う私になっているんだろな

あなたが地中の奥深くにとけてしみこんでいった時には
みみずや小さな虫たち、
木々や草花野菜たち
それらにいのちの根源を与えるだろう

あるいは、あなたは大気の中にとけていって風になるかもしれない
あるいは、光になって虹になるかもしれない
あるいは、流れてゆき、川のせせらぎとなるかもしれない
そして大海へととけこみ、魚と戯れるかもしれない

あなたと私がそんな風に姿形を変えて
もし、出会うことができた時、
あなたがかつてゆきであったことを
私は 忘れているかもしれない

だから
今の
ゆきのいのちを懸命に生きているあなたをしっかりと見つめて

その美しい姿や、
私に微笑みかけてくれるぬくもりの感触、
語らいかけてくれる声を
忘れないように
心に刻みつけておきたい
d0112251_22464341.jpg

また再び出会ったときに 
ゆきであったあなたを感じたいから
ゆきであったあなたを思い出したいから
[PR]

by chirumegu | 2010-01-07 22:52 | ありがとう