散る桜もまたさくら

chirumegu.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 19日

冬の糸お菓子

冬のいとおかし
冬はつとめて雪の降りたるはいうべきにもあらず。
d0112251_16342094.jpg

霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、
d0112251_1635029.jpg

火など急ぎ起こして、炭もて渡るもいとつきづきし。
d0112251_16373746.jpg

先日など、ノーマルタイヤを装着せし車にて雪の積もりしおん道を
いわんや 走りさふらへば、すべりにすべりせしことは、
いふべきにもあらず
い、いと恐ろしや=( =`д´= ;)⇒
d0112251_16394851.jpg

さてしもがな(違?)
思い出せしこと
ころはさていちじゅうといつとせ前ぐらい(笑)(15年前ぐらい=言うことよ^m^)

相も変わらず雪の積もりしおん道を、ノーマルタイヤを装着せし車走らす、
でぶの君同道にて、わらべ連れ立ちせし行きかうたらたら・・・
あともう少しで家につくころ
行きつきせしところ、坂道なりける

そしたら、そしたらよ、あ~た
d0112251_16414665.jpg

前にも進めず
後ろにも進めず
困り果てる
それでもいみじうくぢけぬでぶ 
ますますアクセルふかしたまふなりける
とうとう頭のねじはずれけり
ますますアクセルふかすもまたいとわろし
へぇでから とうとう御車
180度回転し、後ろ向きになりけり。
あげくのはてには、
「ちる、おめぇ、アクセル踏め」と、宣うなり。

「えぇぇ~、もぉええやんけ、車置いて帰ろうじぇ」
と、説得すも、でぶ、ますます火になりけり

わしにバック運転させし、何をするのかと思えば
車降りに先立ちたりたり
ボンネットを押し出す始末。

その様いとあわれげなり
ってか、いと可笑し_( ̄▼ ̄)ノ彡☆ばんばん!
d0112251_164788.jpg

わし・・・幾度となく踏みせしアクセル
ぶんぶんぶんぶん・・・・
折にふれてタイヤがきしむらん
ちゅりりちゅりり・・・
でぶ・・・
た、タイヤがちびるなり・・・

されど、あきらめきれぬでぶ
いよいよ力みボンネットを押すらん

瞬間
でぶ・・・


フロントの画面より消えるるなり
おらんようになるなり

いと
可笑し

_( ̄▼ ̄)ノ彡☆ばんばん!


冬のいと可笑し_( ̄▼ ̄)ノ彡☆ばんばん!の一こまでし^m^


でも、そげなさB 雪や霜の合間に
こげなもんを見ると
やっぱ
嬉しぅなってくるゎ。。
d0112251_16474927.jpg

春じゃのぅ^^
でも、蕾がほころぶのは、まだまだなりけり。。
[PR]

by chirumegu | 2011-02-19 17:01 | ようわからん | Comments(20)
2011年 02月 13日

たらちゃん


ながらの春 
三弦   菊岡検校  作曲
箏    八重崎検校 移調

賑はふや
春の朝立つ霞ばれ 
志賀の都は荒れにしを 
長良の山の山櫻 
昔を 今ぞ思ふなる、
花の盛りも 一様に
よもの眺めはつきせじと 
高観音の庭櫻
向こふ遥かに三上山、
へだつる鳰(にほ)の海の面(おも)
其の浦々も見え渡る 
行きかふ船の楫音(かぢおと)も
風の便りに聞こゆなり、
遊び 戯れ 春の暮、
名残を惜しむ 諸人の、
入相(いりあひ)つぐる三井寺の、
鐘の聲さへ吹きかへす、
風につれだち散る櫻
さくらさくらに
送られて、唄ふて歸へる櫻人びと

d0112251_15343276.jpg

この曲・・・
今、習ぅとるんじゃが、、
お琴には、強押しとか半押しとか、かけ押しとか言う技法があって、
それがやたらと出て来て、
おまけにかけ押しがいっぱいあって、
親指と中指が超痛ぃんよ。
春の桜を愛でてお花見をして、とてもいい気分で、
桜の美しさに名残を惜しみながら人々が帰っていく様を表現し、
お三味線と合わせて弾くと
とても美しい曲なんじゃぁ❤
へぇじゃがのぅ・・・・

わしが弾くと、不協和音になり
超気分悪い曲に様変わりする
ど、どうしよ=( =`д´= ;)⇒
来週には、弾き初め会で、弾かにゃならん。。


で、関係ないですが、
あの上のお琴の写真。。
あれ、
わしのんよ。。

去年の11月
広島で平和サミットがあり、
各国からノーベル平和賞を受賞されたお方々が来訪された。
アウンサン・スーチーさんやゴルバチョフ元大統領も
列席されるはずじゃったが、ご縁がなかったようじゃ(-公-、)
日テレでも報道されたらしい

その晩さん会での歓迎レセプションで
広島邦楽連盟が、演奏したんよ❤
チベットのダライ・ラマ法王やその他のお歴々が見守る中、
福盛先生や、子供たちが演奏したんよ。
で、わしのこのお琴・・・
いっちゃん前で、なみちゃんが弾いてくれたんじゃと^m^イヒヒッ

えかろぅが・・・
お琴・・・
( ̄-  ̄ )


どや・・・
( ̄-  ̄ )


( ̄-  ̄ )



と、お琴の自慢・・・してみるも


不協和音の
むなしさは、増すばかりなりけり。。
ドツボ(-公-、)ドウシォ・・・

もうちっと、きれぇに拭いてやって、
大切にしてやって

れ、練習しよ。。

自慢たらたらしたかったけん
タイトルがたらちゃん・・・なんよ ワカル?^m^ダジャレ
いまいちキレがねゎ…
いけんのぅ…

[PR]

by chirumegu | 2011-02-13 15:58 | 好き | Comments(12)
2011年 02月 12日

こころのかたち

昨日、学生時代の友人と電話で話した。
もっことは違う友人で、以下彼女のことを
「ごんべ」と呼称することにする
(ここでも既に意味不明…m(__)m)

久しぶりの長電じゃった。

お嬢のことでごんべは、どつぼにはまるくらい、落ち込んどった。
かなり泣いたらしい。

ごんべには、2人のお嬢がおる。
2人とも世に言う「子育て」も終わり、ちゃんと就職もし、
独り立ちできておりそれはすばらしいこっちゃと思う。
2人とも、立派に育ってえかったやんけ^^v

しかし、ごんべは、上のお嬢と喧嘩のようなことをし、

あ、いや、実際喧嘩にはなっておらず、意志の疎通ができんらしい。
ごんべは、お嬢の気持ちが分からんし、
ごんべの気持ちもお嬢には、分かってもらえん…
と、こう宣。

お嬢はいつも自分の気持ちを言わんらしい。
で、メールのやりとりもたまにするらしいのだが、
メールを送るのはいっつもごんべばかりで、お嬢は、返さないらしい。

なのに、先日ごんべが送ったメールにお嬢が返してきた。
「何なんよ、いっつも〇〇のことばっかり、私のことはええんね?」
たった一言それだけ。

それからは、いくらこちらから送っても、全く返ってこなくなったと。
ごんべの話を聞いとって、涙が出てきた。

要するに、親が下の妹ばかりをかわいがっとるように
お姉ちゃんの目には映るらしい。
d0112251_1883588.jpg

ごんべは同じように接しとるつもりなんじゃが。

お姉ちゃんは、20数年間自分の気持ちを抑えて抑えて生きて来て、
いつも自分の事は自分でやってきた…
そういう思いが最後のメールじゃったんじゃ。
上のお姉ちゃんがかわぃそうじゃ(;;)
わしゃ、お姉ちゃんの気持ちがよう分かるゎ。

で、ごんべとの電話を切った後
10年前の新聞の投書欄に書いてあった文章を思い出した。

「どげなじゃったかいのぅ…」

その文章…確かノートに書き留めとったんじゃがのぅ。。

すっきりせんまま1日が過ぎていった、、
で、今日そのノートが、見つかった
らっきぃ~っ^^v

ここに記してみる。
兵庫県の10年前32歳の主婦のお方が書いておられた。
17歳という年齢の少年の事件が多発していたころの投書じゃった。


********* ********* ********* ******* *****

「十七歳」がマスコミに登場するたびに、私が十七歳だった時の出来事を思い出す。
 その頃の私には、「親に愛されていない」という思いが常に心のどこかにあった。
いつも不安定な感情を自分でも持て余し、ヒステリックに怒鳴り散らしたり、
口を聞かなかったりと、母に八つ当たりしていた。
ある日、電車を降りると、会社帰りの母と鉢合わせした。
私は足早に歩いて母から逃げた。
母は小走りに追いかけてきて横に並んだ。
早く歩いても懸命についてくる。家まで追いかけっこを繰り返した。
最後には全力疾走になって、これで追いつけないだろうと思ったら、
はあはあ息を切らして走ってくる。
そして横に並び「お母さんも、まだまだいけるやろ」と言って笑った。

「アホちゃう」と、冷たく言い返したが、
本当は、大声で泣き出しそうになるのを必死でこらえていた。
 なぜ泣きたくなったのか。
母の体当たりの愛情が伝わってきたのだ。
「ちゃんと見てるよ」「心配しているよ」
という母の心が、私の心に伝わってきたからで、
今でも私の心の支えになっている。
私は今、子育て真っ最中の日々だが、子どもたちが大きくなるにつれ、
様々な問題が出てくるだろう。
その時は、たとえうるさがられても、殴りかかられても、
逃げずに体当たりでぶつかり、
子どもと一緒に答えを探そうと決めている。

********* ******** ********* ******** *****

どうやったらええとか、
理屈なんかじゃない、親の心を子どもに示したいと思うのが親なんじゃないかのぅ。
なんか・・・
こう・・・

心の底から掻き立てられる言うか・・・
そうせずにゃおれん言うか…
冬が氷や霜や雪やつららなんかの色んな形で顕しとるように。
親が自分の名乗りをあげてその親の心に子どもが気付いた時、
子どもは安心をいただけるんじゃないかのぅ。

ごんべ・・・
あんたの心の形は
抱きしめたりするのも形じゃが、
お姉ちゃんに「ごめんね」
と、言うのも形なんじゃねぇかのぅ。。

今までお姉ちゃんに親の気持ちを気付かせてあげれんで「ごめんね」と・・・

なぁ
         もぉ

                      あ
みぃ

   だぁ

                                    ぶぅ

つぅ



d0112251_1832112.jpg

よう分からんじゃろ?
すみません
またまた、意味不明の更新で・・・m(__)m
しかも長いし(;一_一)
[PR]

by chirumegu | 2011-02-12 18:14 | ようわからん
2011年 02月 03日

節分には

今日は、よう考えたら、2月3日。
考えんでも2月3日。
世間では、節分の日じゃったんじゃのぅ。。

みなさんのお宅ではしなさったですか?
豆まき。

ちる家では、せなんだ。
ってか、
当分まいてねぇのぅ(-公-、)

遥か忘却のかなたに・・・です。

あの頃が懐かしくもあります。

子ども達がまだ小学生は低学年の頃( ̄-  ̄ )← 思い出している

あの頃は毎年今日が楽しみでのぅ、
スーパーに、鬼の面がついたお豆が売り出しされる頃になると、
わくわくと血が騒いだもんです^m^

夕ご飯も終わり晩げに他の部屋の電気を全部消して、
ばぁちゃんと他の3人の子どもたちをその部屋に置いといて、
わしとKが鬼の面をつけて隠れとく。

ころ合いを見計ろうて、



「うがぁぁ~~~っ!」

と、わしとKがその部屋の中に入り4人を襲う。。
Kは確か、バットを持っておったのぅ^m^

「ぎゃぁ~~~っ!」
「えぇぇ~~ぃっ!」


と、4人は一斉にお豆をわしらに投げつける。

ぱらっ
ぱらっ
ぱらっ!!


末っ子のNも、怖さのあまり泣きながら
ばぁちゃんと一緒に
投げつけよったのぅ。。

楽しかったゎ。
子どもらを脅すの…
思い出しても楽しいゎ^m^イシシッ

悪い母親じゃったのぅ、、わし。

すまなんだのぅ。
なんぼ豆を投げ付けても
鬼のわしは、出て行かんかってからに。。。

いまだにわしゃぁ鬼じゃが
d0112251_19412758.jpg


またまた意味不明更新ですみませんm(__)m
[PR]

by chirumegu | 2011-02-03 19:46 | ようわからん
2011年 02月 01日

もっこ

先週、1月28日の金曜日、
三次で、もっこに再会した。
もっこと言うのは、わしの中学時代の同級生じゃ。

結婚して現在は大阪におりなさって、
4人の子供もそれぞれ成長し、
親の責任も後もう少し…と、いうお方。
d0112251_1622746.jpg

すっかりりっぱな大阪の女(ひと)に成りきって。
以前会うたのは、確か・・・( ̄-  ̄ )エェェ~ットオ
一昨年の夏・・・じゃったかのぅ。
あん時は、他にもるりことぷぅ子もおったよのぅ。
楽しかったが、今回の再会も楽しかったゎ^^

もっこの
名前は〇本ゆうこ。
最初、みんなは「〇もっちゃん」と呼んでいたが、
「そげなん似合わん!〇もっこが似合うんじゃ」と、
わしがわけの分からんことを言い、果てには、
めんどくさいからと
〇の部分を省いて、いつしか「もっこ」と、呼ばれるようになった。
もっこには大変失礼なあだ名じゃと思うが、「もっこ」のネーミングは、
わしゃ、ばっちぐぅじゃと思うばかりである。

あ、いや、つまらんこと言うとる場合ではない。

たったの2時間半の短いひとときであったが、
懐かしくも、実りある貴重なひとときじゃった(゜▽゜人)
大阪から三次まで、車を飛ばして来とったんで、
かっこえかろぅが…( ̄-  ̄ )←自分が運転したんでもないのに、どや顔で自慢してみる( ̄-  ̄ )
おみやの三次ロールもおいちぃかったし・・・関係ねぇけど(^^ゞ
ありがとね、もっこ❤

と、今さらながら、自分は何にもおみやを持って行かんかった不甲斐なさに気付く。。

次の再会は、ぜっぴみんなも集まろうの、もっこ。。
連絡取り合ぅて。。
大阪の博美ちゃんは、連絡してきたんかのぅ。。

すかす( ̄-  ̄ )コホン
あの日で、えかったゎ。。
あれから、さびぃさは増すばかりで、、
d0112251_16115863.jpg

うちのお風呂なぞ、昨日は、凍みて水が出んかった。
水道コックは、かちかちに固まってのぅびくともせなんだ(-公-、)
洗面所の排水パイプまで凍ってでぶが顔を洗ぅた水が
流れずに、そのまま凍っとったゎ。
きちゃなげじゃ。。(-公-、)
d0112251_16122873.jpg

でぶやKが凍みとるのをとかしてくれよんじゃが、
今日も、風呂ぇ入れんのかのぅ。。。
そん時ゃ世羅温泉じゃのぅ♪

で、
関係ないですが、

只今のちる家のお風呂の外側
[PR]

by chirumegu | 2011-02-01 16:32 | ありがとう | Comments(18)