散る桜もまたさくら

chirumegu.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 12日

最近・・・涙が出るほど感激した言葉

(と、言うてもずいぶん前になるが)

R子が、2月の初めに嫁に行く前
せいじ先生が、お祝いに駆けつけてくれた。

せいじ先生とは、
講中ではないが
ちる家の斜めお向かいぐらいのご近所さんで、
定年前は小学校の校長先生であった。

体育会系の先生で、子どもらにも容赦なく怒りとばしてくれとったが、
それでも子どもらはすこぶる好いとったゎ。

定年後は、K山町史の作成に携わったり、
なんちゃらを保護する会の委員やら、
何かと行政に役を仰せつかったり、
地域の世話役で、2ブロックに於いても頼りになるご意見番じゃ。

わしも、サロンのボランティアやらも一緒にさせてもろぅたり、
家の仕事のお手伝いやらしてもろぅたり、随分と世話になっとる。

長男Kの婚礼には「どうしても」と繰り合わせ出てもろうたが、
R子のぶにには、遠方まで行ってもらうのは心苦しい、、
ということで、地域では他の男子の方に代表で出席していただいた・・・

と、いういきさつがある。


なのに・・・


「Rちゃん、おめでとぅ。
あんたぁ、これぐらいのこまい頃からみきちゃんと
いっつもつるんで遊びよったよのぅ、

もぅ嫁に行くがぃになったかぃのぅ。。
時が経つなぁ早いもんじゃ。

ほぃじゃが、見たかったよのぅ、
あんたの花嫁姿。。。(-公-、)

じゃが、Rちゃん、今は幸せいっぱいじゃろぅが、
これからどがなことが起こるやも知れんで。
ここへはもう帰ってくんなよっ。里帰りなら許せるが。
何があっても乗り越えて行けよ。

嫁に行ったら、ここにゃあんたの居場所はもうないんじゃけの。
『だめじゃったら、いつでも帰ってこい』じゃことの、わしゃぜっぴ言わんけの。
がはははっ_( ̄▼ ̄)ノ彡☆」

と、笑い飛ばしながら言うてくれたせいじ先生。。
d0112251_1143027.jpg

厳しい言葉じゃが、これを聞いた瞬間、
かさかさしとったわしの心が潤うて、とても温ぅなった。
有難とぅて嬉しぅて涙がとまらんようになった。(ノДT)


ぼやぁーーーっとしたR子には、なによりもぴったりのはなむけのお言葉じゃった。
先生、ありがちょ(゜▽゜人)
d0112251_1154887.jpg

[PR]

by chirumegu | 2014-05-12 11:06 | ありがとう | Comments(14)