散る桜もまたさくら

chirumegu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 13日

守・破・離  ~ま、いっかぁ~

先日、高校を卒業した息子は 3年間 剣道をしていました。 

剣道では 防具を つけますが その下に 手ぬぐいを頭に巻きます。 試合に行くときの 手ぬぐいは いつもとは 別なものを 使っていました。 その 試合用の 手ぬぐいには
「守 破 離」 (しゅ・は・り)と大きく書いてあります。  何のこと?・・・聞いたら 

『守』(しゅ) は 師の教えを守りなさい。  『破』(は) は 守った教えを 破りなさい。  『離』(り) は 破っただけではまだ 「教え」にこだわっている ことだから、 それから 離れなさい。 そして、自分の剣道を 極めなさい。  ・・・ ということだと 息子が教えてくれました。 元々 禅の 教えなのだそうです。
 
その手ぬぐいを頭に巻いて、気合入れて 試合に臨んでいましたが 『離』 どころか 『守』 さえも 到達してなかったんじゃ ないかな??

ある時、だんな様と晩に 一杯飲みながら 『守 破 離』 について 熱く語り合いました。 その語り合いの中で ・・・ こだわりから離れるっていうことは 諦める ってことじゃないかなって 思いました。 (諦めるは あきらかに見る 事情をあきらかに見極める 思い切る 断念する・・・です) 「先生のいったことはこうで・・・それを破ったんだけどそれじゃあだめ って ま、いっかぁ」  と一本決まったりする。   だから、『離』 は 諦めること 「ま、いっかぁ」なんだと思います。

人生も 同じことが言えるような 気がします。

私は24歳の時に この地に 嫁いできて 以来 25年が経とうと しています。 嫁ぐ前の24年間の 私 というものを 育ててくれた 色々なものが ありましたが、 当時 それが 一気に
音をたてて ガラガラと 崩れて いきました。  自分の 人生を否定されたようで 今までの 私って 何だったんだろう  と 悔しくて 地団駄 を踏んだものでした。

色々な 出会いがあって 嫌な思いや はずかしい思い 孤独を感じたとき 泣きたいとき 嬉しいとき 感動の中にあった時 失敗したとき 逃げ出したい時   そんな時・・・ いつも 「ま、いっかぁ」 で  乗り越えてきた 気がします。

嫁入り前の 24年間が 『守』 嫁いでからの 色々な方々との 出会いがあって お育ていただいたことが 『破』  ここ 4~5年 の出来事が 『離』 ・・・ かな (*^_^*)

今、私は とても 仕合わせ です。 何もかも 揃っていて これ以上のものは おなか一杯で食べられません (軽トラは ほしいけど ♥)

色々な方々と 関わりをもって 仕事をさせてもらってる 私 が 好き。   大切なことを 伝えるために人の前で お話を させてもらっている 私が 好き。  畑を耕したり 草取りさせてもらっている 私が 好き。  婦人会の人たちと 仕事をさせてもらっている 私が 好き。  ビーチやお琴を させてもらっている 私が 好き。 

ぜんぶ させてもらっている と 感じる 仕合わせ です。

ネットで知り合い 心中を図り 重体となった 大学生が 「あと 40年間、 毎日同じ生活を 繰り返して 生きるのは 苦しい」 と 語ったことについて 「あと 40年 平凡に 生きられたとして それ以上 どんな人生を 望むのかね」 と言われた方が おられました

・・・そう ♥ 普通が有難い。 あたりまえの 今が 仕合わせ と感じられるようになる。
「守 破 離」  ~ま、いっかぁ~ で 人生も 楽に 生きてゆける。 仕合わせになれる。

考えが 飛躍しすぎたかもしれないけれど 私は 『守 破 離』を こう 味わいたい。 

d0112251_22181672.jpg
[PR]

by chirumegu | 2007-03-13 19:59 | Comments(6)
Commented by ヤッターマン8 at 2007-03-15 09:06 x
こんにちは。

「ま、いっかぁ~」は、とても いいですね!
仕合せは、それを感じるセンサーがなければ気づけないです
ものね。

chirumegu さんのセンサーは感度抜群の高性能のようですね。
読んでるこっちまで、お裾分けいただき、気分良くなりました。

さて、「守 破 離」…は、なんて 読むのですか?
「しゅ・は・り」…?

僕の場合は 教えを「守」らず、「離」れてすぐに「破」って、
しまうので 「守・離・破」 … しゅ・りっ・ぱ… スリッパと読みそう
です。(^^ゞ
Commented by chirumegu at 2007-03-15 11:49
ごめんなさいm(__)m 読み方は「しゅ・は・り」 です。 ふりがな入れるの 忘れていました。 教えていただいて、ありがとうございます。後で、読み方 入れておきますね。

きゃぁははははっ!!スリッパ はいいですねぇ。 お腹かかえて 一人で 笑ってます。
なんか、亡くなった父が よく そんな駄洒落を 言ってました。 思い出して うるうる です。
笑ったり 泣いたり 忙しいこと (=_=)
Commented at 2007-03-15 13:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Kay at 2007-05-14 01:59 x
はじめまして。
お友だちのブログからリンクのリンクの…と辿って、
そしてめぐり合ったchirumeguさんのブログで
こんな素敵な文章に出合えて幸せです。
結婚14年になろうとしているのですが、
この数年は何かいつもいらいらしていたように思います。
「ま、いいか」「それはそれ、これはこれ」そんな割り切り、
前向きな諦めを私も身につけたいなと思いました。

chirumeguさんの日記を読ませていただいて
私たち兄妹の母の思いを感じると同時に
母親としてchirumeguさんのお気持ちを追体験しました。
次男くんが一人暮らしを始められたときのご様子、
胸がきゅっとなりました。
私も長男が幼稚園を卒園するときは心のどこかで
「まだ次男がいるし」と思って平気だったのですが、
次男の卒園では
「我が家から“小さい子”がいなくなってしまう」と
じたばたしたことをよく覚えています。
そして、「定期ってなに?」というのも(笑)
上の子に比べて世渡り上手だけれど、とんでもないことを
知らないままでいるんですよね。

どこにお住まいなのかは存じ上げませんが、
写真から私の心のふるさと(秩父)を思い出し、
幸せな気分です。
またぜひお邪魔させてくださいね。
Commented by chirumegu at 2007-05-14 13:16
kayさん 
はるばるの 訪問 初コメ ありがとうございます <m(__)m>
しかも、すみずみまで 読んでくださって 
めちゃ② 嬉しいです

ブログって 不思議ですね。
全く知らない者同士が しかも どこにおられるかも 分からない人が
こうやって 訪ねてきてくださる・・・
何かの ご縁です。
大切にしたいと 思います。
ほんとに 有難うございました。
また、私も うかがわせて いただきますね。

Commented by 按摩さん at 2007-12-27 11:43 x
ほ~い^^


<< 野焼き 最高!!      やっぱり 50 なんだ >>