散る桜もまたさくら

chirumegu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 29日

古いおうちに 包まれて

あれだけ 桜、桜だ 花見だ と言っていたのに もう八重桜も終わりになりましたが 近所に咲いているのをみて 娘が「桜もちみたい♥」というので 撮ってみました
d0112251_15384443.jpg

最初に 桜もちをつくった 昔の誰かさんは この八重桜を見て 作ったのかな・・・と思わせるくらい 桜もちみたいですね。おいしそう♪食べちゃいたい(^^ゞ

話は変わりますが 私は 日本の自然の風景が好きですが、その中にぴったりとはまる 
古民家 も好きです♥
d0112251_15424567.jpg

  ↑これは お寺です うちから車で25分ほど 走ったところにあります。 わらぶきのお寺なんて珍しいですね。ここでは 50年に1度 わらを 葺き替えるそうです。

そして、うちの自慢の離れの そこかしこです。
60年前の建築です。当時、終戦直後で お金やもののない時代だったので 取り掛かって
できるまでに 4年もかかったそうです。
それでも、こんな素敵な建築ができるんですから 田舎は木が豊富にあったんですね。それにこの建物は 釘を 一本も使ってないのが 凄いです。
大好きな離れでも 殊に トイレが好きです。
d0112251_15504799.jpg


これは、トイレの電気です。この電気・・・
最近の電気は とてもきれいで 派手で、目を見張りますが、感動がないような気がします。 

この電気のかさの 細工はとても細やかで、思わず見とれてしまいます。 
じんわり照らしてくれます。

d0112251_15564946.jpgそして、トイレの天井。
木目が好きです。
互い違いに 組んであって 大工さんの細やかな アートが素敵!!♥








d0112251_161538.jpg

この書院は トイレの中にあるんですよ。現代のトイレには カレンダーとかお花とかガラスの置物とか・・・置いてありますよね。
この時代で こんな 遊び心があったなんて 大工さんすごい!!
そして、離れの障子と 床の間
d0112251_16201675.jpg















違い棚が いいです
d0112251_16205690.jpg

それから 小さな書斎と 小さな応接間
d0112251_16297100.jpg
d0112251_16305038.jpg



うちは 北向きでとくに 離れは 山寄せにあるので とても湿気が多くそれだけ 建物の傷みもひどいようです。
たたみなど 歩いたら フカフカするところがあって 座がおちないかと ひやひやものです。
でも、そんな北向きのジメジメした 部屋たちは 仄暗くて 温かみがあって 私達住んでいるもの達を 包み込んで守ってくれているような 気がします。

時々、「ことっ」とか「ぺきっ」と 音を立てます。特に 夜中など・・・。建具などの木や土壁が
息をしているんだなぁ とほわっと こころが温かくなります。日本の建物って なんか生きてるなぁ・・・と 生命力のようなものを 感じます。
d0112251_16402394.jpgd0112251_1641270.jpg

さっきの わらぶきのお寺の 軒下と玄関のかまち です。
こんなうちにも 住んでみたいなぁ と贅沢をいっている 私です。
いやいや、ここが一番っ!ここが 私の居場所っ!今がいちばんっ!・・・♪♥
[PR]

by chirumegu | 2007-04-29 16:51 | 好き | Comments(10)
Commented by artist_japan at 2007-04-29 22:19
八重桜って桜の女王様って感じで貫禄ある~ 
見事なわらぶき屋根のお寺だ・・・すごいですね
日本建築 負けてないですね!! ☆ momo
Commented by anzumadamu at 2007-04-30 20:27
私も昔のお家は大好きです♪
一枚一枚ジィ~~~と見入ってしまいました(@@)ジィ~(笑)
素敵な写真を有難うございます♪
またまた癒されました(^^*)
Commented by chirumegu at 2007-05-01 14:14
日本建築は 住んでいて 落ち着きます。
日本人でよかったなぁ~ とも 思います。

ここの わらぶきのお寺、中に入っても いろんな おもしろいものが
あるんですよ。
住職さんと奥さんの センスは すぐれています
momoさんも 紹介したいです
Commented by chirumegu at 2007-05-01 14:18
この画像 ヨーコさんに ジィ~~~と 見られて 穴あいてないかしらん
^m^
古民家 は ほんとうに 癒されます
木や土壁がほんのりと 包み込んでくれるから
住んでいても 安心します。
Commented by kisaragi87 at 2007-05-02 06:08
chirumeguさん、おはようございます^^
すごい、すごい!!
わ~もう、うっとりですよ~~
chirumeguさんのお家に、こんな素敵な離れがあったなんて
私の憧れの古民家じゃないですか!

4年もかかって建てられたなんて、なんと贅沢な。
ゆっくりでも丁寧に作られたのがよくわかります。
トイレの天井や書院や、クラシックな電気のかさ。
こんなトイレなら怖いなんて言ってられない^^

北向きのお部屋も素敵です、
愛情たっぷりに大事にされているchirumeguさんご家族に守られて
ますます趣が増していきそうな家ですね。
素敵な写真を見せていただいてありがとう^^
Commented by kisaragi87 at 2007-05-02 06:10
追伸、桜餅も美味しそう♪ あれ?お花かぁ^^;
Commented by chirumegu at 2007-05-02 11:15
kisaragi さん
やっぱりねぇ~ 好きだと思いましたよぉ (^^♪

この トイレに入ったら しばらく 出たくなくなるんですよ
そう 怖くなんか ありません (^^ゞ

古民家は いいですよね
kisaragi さんのおっしゃる通り
うっとりします 
こんな 贅沢させてもらって ほんとに 仕合わせです。
Commented by やんくみ at 2007-07-11 16:26 x
もう、1枚目の茅葺屋根のお寺さんの写真で
やんくみは完全ノックアウトですよ(笑)。

なんて素敵なんでしょう。建物だけでなく、周囲の自然がまた
すばらしいですね。こういうのを見ると、絵心のない私でも
水彩画の一枚も描いてみたくなります。

そして、chirumeguさんのご自宅。ステキすぎる!!
こうした昔の大工さんのすばらしい意匠を見ると、
「うーん」と首を傾げたりしながら彫ったり削ったりしている
今は亡き(当時20歳だったら生きていらっしゃるかも?)
大工さんの顔が目に浮かんできますよね。

その大工さんの顔を想像するのが私は好きなんです。
「ここもうちょっと削っとこう」とか
「こうしたほうがカッコいいな」とか。
60年前の人の頭の中にワープする感じでしょうか?

法隆寺の宮大工さんなんて、
1000年前にワープしちゃうらしいですから
それはもうタイムマシンですよね。

いいものを見せていただいて、ありがとうございました。
Commented by chirumegu at 2007-07-11 18:16
ノックアウト…むふふふっ、やったぁ!
ここの、お寺さんのご夫婦、やんくみさんも いっぺんで魅せられると思いますよ。(*^^)v
田舎にいればこそ こんないいものに 出会えます。

やんくみさん、職人ですねぇ!
大工さんの顔まで 想像するなんて…。
法隆寺の宮大工さん、ひとつ タイムマシンに乗って 見に行きましょうか??
Commented by 按摩さん at 2007-12-27 11:56 x
ほ~い^^


<< ほ~飯 食べて 元気出そっ!!      春の新緑をあびて・・・いっぱい... >>